リアップを途中で止めると本当にリバウンドするのか?

こんにちは、発毛剤徹底研究会管理人のJ@毛髪診断士です。

リアップをはじめ、発毛剤の使用を考えている、もしくは使い続けている人には
「途中で止めてしまったらまたリバウンドしてしまうのかな?」
という疑問がつきまとうと思います。

リアップなどのミノキシジルが配合された発毛剤におけるリバウンドとは、発毛効果があった、もしくは抜け毛の本数が減ったなどの改善があったのに、使用をやめた途端、また抜け毛が増えたり、髪の成長が止まってしまった状態を指します。

実際にネット上の口コミを見ても、使用中止後のリバウンドに関する報告を多く見つけることができます。

中にはさらに薄毛が進行してしまい、結局全部ハゲ上がってしまうのではないか?というセンセーショナルな書き込みがあったりします。

決して他人事ではないリバウンドは実際どの程度まで起きるのか、さらにリバウンドを避けるにはどうしたらいいのか解説してみます。

この記事の作者…発毛剤徹底研究会管理人J@毛髪診断士

生え際の薄毛に悩み2010年からリアップを愛用。 薄毛の改善に成功し今なお発毛剤を利用中。一般には発毛剤への理解が広まっていないことに気づき、2012年に「リアップ徹底研究」を開設。 2020年には日本毛髪科学研究会認定の「毛髪診断士」を取得し、同じ薄毛に悩むユーザーに有益な情報を届けるべく、精進しています。
>管理人Jの薄毛改善記録

リアップX5プラスネオ最速レポート

対症療法である限り、途中で止めるとまた元に戻ることが多い

なぜリバウンドが起こるかといえば、リアップなどの発毛剤は抜け毛の根本原因を退治するものではなく、症状を抑制し続ける「対症療法」であるからです。

リアップなどに含まれる発毛成分ミノキシジルは、血管を拡張し、血流を改善することで毛乳頭細胞に働きかけ、髪の細胞増殖因子を産生させ発毛を促進させる役割があります。

しかし、その血管を拡張しているのはあくまで塗っている間だけに限られます。

使用を止めれば、またもとの血流に戻ってしまい、十分な血液の補給が途絶えてしまいます。

また、発毛成分ミノキシジルには抜け毛を促進させるといわれている男性ホルモンに関わる酵素「5a-リダクターゼ」の活動を抑制しているわけではありません。

つまり、リアップ塗布中は発毛へのプラス要素とマイナス要素が常に同居し、拮抗しあっている状態なのです。

このような中で、リアップの塗布を止めてしまうと、発毛へのプラス要素がなくなり、やがて発毛効果を失い、リバウンドにつながります。

もちろん個人の体調差によって結果は変わることがありますし、勘違いしてはいけないことがひとつあります。

それはリアップを途中で止めることが、薄毛を以前よりさらに拡大させる原因になることまではありません。

あくまでもともとあった本来の症状以上のことは起こらないということです。

同じことはフィナステリドや他の育毛剤にもいえる

ただし、リバウンドは、リアップだけに起こるものではありません。

例えばリアップと同じ発毛成分ミノキシジルが配合されているジェネリック発毛剤でも同じです。

また、AGAクリニックなどで処方される内服薬「フィナステリド(プロペシア)」は、リアップと違い、先ほどご紹介した薄毛の原因物質である男性ホルモンに関わる酵素「5a-リダクターゼ」の活動を妨害する効果があります。

それにより抜け毛の原因物質をそもそも生み出さないメカニズムです。

しかし、やはり原因物質を根本から取り除くわけではないので、服用を止めると5a-リダクターゼは再び活動を再開してしまい、再びリバウンドしてしまいます。

他の育毛剤も同じで、リアップと同じく、原因を根本から治すものではなく、対症療法である以上、途中で止めることによるリバウンドは決して避けられないわけです。

では、リバウンドを引き起こさないために、私たちは何に気をつけてリアップや育毛剤を選べばいいのでしょうか?

効果はもちろん、ランニングコスト、使用感を三位一体で考えよう

リバウンドがある以上、効果を維持していくためには続けていく必要があるので、「自分にとってずっと使い続けられる」かどうかを事前に見極める必要があります。

そのため下の3つのポイントを押さえておくことがおすすめです。

毎日使い続けられる使い心地であるかどうか?

リアップのような発毛剤でも、育毛剤でも、基本的には毎日塗り続ける事が必要で、途中でサボったりすると効果が出るものも出なくなってしまいます。

リアップの場合は、発毛成分「ミノキシジル」に明確な発毛効果があることが証明されていますが、反面、薬液にべとつきがあり、髪のごわつきや固まりを誘発しやすい原因になってしまいます。

購入するときには気づきませんが、使い心地が悪ければ自然とモチベーションが低くなり、毎日使い続けることができない理由になってしまうことが意外と多くあります。

頭皮が目立っているほど進行していれば気になるほどではありませんが、まだそれほど薄くなっておらず、残っている髪の毛が多く、寝グセがつきやすいほどべとつきやごわつきを感じやすくなる特性があります。

少し抜け毛が増えてきた、薄くなってきたけど、残る髪の毛がまだ多いという程度であれば、薬液の質感にこだわっている医薬部外品の育毛剤の使用をおすすめします。

医薬部外品の育毛剤の中には、薬液がべとつかず、毎日使っていても違和感のない使い心地になっているものがあるので後ほどご紹介します。

副作用は口コミに頼らず自分の感覚で

毎日自分の体の一部に取り込むわけですから、かゆみやほてりといった頭皮への違和感を感じるものは、例え効果があったとしても絶対に避けるべきでしょう。

がまんして使っていても発毛どころかその症状の悪化のデメリットがはるかに大きくなり、今までの努力が水の泡になってしまいます。

リアップをはじめとするミノキシジル配合の発毛剤には副作用のリスクがあり、特に注意が必要な医薬品として、厚生労働省から第1類医薬品に指定されています。

実際にどのような副作用があるのかくわしく知りたい方はこちらのページもご覧ください。

反対に医薬部外品の育毛剤は、副作用の少ない成分が多く使われているため、リスクも少なくなっています。

ただ、髪質や肌質によって使い心地が自分に悪い場合はあるので、そのようなときには無料お試し期間(全額返金保証制度)がついている育毛剤を利用して実際に試してみるのもベターですね。

最初に見落としやすい「ランニングコスト」もリバウンドのリスクになる

効果があったとしても、金銭的に続けられない=将来に渡ってコストが払いきれない場合もリバウンドになるリスクとなります。

初めての選択にあたっては、使い続けると仮定した場合、金銭的な負担も問題ないか考えるべきです。

月間コスト、年間コストをみて支払い続けられるのかを判断しましょう。

もしリアップの価格が負担出来ない場合は、トータルコストが安い育毛剤を使って効果があるか試してもいいかもしれません。

ちなみに、リアップX5プラスネオのランニングコストについては、このような感じです。(定価での換算)

一本あたりの使用期間 約30日
購入価格 7,751円
半年間のトータルコスト 46,506円
1年間のトータルコスト 93,012円

1年継続利用すると約9万円かかります。

この価格をベンチマークとして、発毛剤徹底研究会独自の視点で薄毛改善効果と使い心地がよい育毛剤のコストパフォーマンスを比較してみました。

独自開発成分で高い薄毛改善効果で人気のポリピュアEXはリアップの半分以下 

一本あたりの使用期間 約60日
定期購入価格 6,800円
半年間のトータルコスト 20,400円
1年間のトータルコスト 40,800円

4つの有効成分+2つの独自開発成分で優れた育毛効果を発揮するポリピュアEXは1本で約2ヶ月使用することができます。

1ヶ月あたりリアップの約半額の3,400円、1年後で見ても4万円以上節約しながら使うことができます。

さらに45日間全額返金保証があるので、使用感が合わなかった場合でも購入代金はそのまま戻ってくるメリットもあります。

独自成分配合で新しくなったチャップアップは初回無期限全額返金保証で安心して試せる

一本あたりの使用期間 約30日
定期購入価格 7,400円
半年間のトータルコスト 44,400円
1年間のトータルコスト 88,800円

ネット通販専門の育毛剤の中で特に知名度と売上本数が多いチャップアップは、2020年に独自成分「ジンゲルシックス」や2種の有効成分を追加配合し、大幅にスペックがパワーアップしています。

さらに、業界初の「無期限全額返金保証制度」は、使っている途中でも解約でき、初回分の商品代金が戻ってくる独自のサービスで初めての方には試しやすい育毛剤です。

シャンプーやサプリメントなどで体の内から外から対策できるオプションセットも充実していて副作用の少ない医薬部外品の育毛剤です。

世界毛髪研究会議最優秀賞のM-1育毛ミストは副作用リスクが低い

一本あたりの使用期間 約45日
定期購入価格 9,000円
半年間のトータルコスト 36,000円
1年間のトータルコスト 72,000円

メイン成分である「加水分解酵母エキス」を使ったマイクロセンサー理論が、毛髪再生の研究者の会議で高い評価を受けたM-1育毛ミスト。

最大で45日使用可能でリアップよりも割安に試すことができます。

1本200mlと大容量なため、人によっては2ヶ月使用可能かもしれません。

さらに無添加・ノンアルコールにこだわった水のような使用感であるため、できるだけ副作用を少なくしたいという方にはとくにオススメです。30日間の全額返金保証あり。

 

まず、自分の薄毛の進行度や髪質を把握した上で、一つの育毛剤に固執せず、いろいろな商品を試してみて、本当に使い続けられる育毛剤を探し当てるといった一見遠回りに見えることが、実は発毛への近道ではないか?と考えます。

まとめ

  • リアップに限らず、全ての育毛剤でリバウンドのリスクは避けられない。
  • 途中で止めても自分の本来持っている症状以上に拡大することはない。
  • 効果、価格、使いやすさを三位一体で考えて選ぶことが正しい発毛の近道。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
よろしければ、twitterもぜひフォローしてみてください。発毛剤に関するオトクな情報や、発毛体験談をリアルタイムにお届けしています!

泰人(やすと)の本気の発毛日記(毎月更新中!)
当サイト管理人J@毛髪診断士のリアップでの生え際改善成果

こちらの記事もおすすめ

リアップのジェネリック発毛剤全アイテムまとめ!
twitter
発毛剤体験談募集中