人気の格安発毛剤リザレックコーワの効果は!実際に使ってみて感じた使い心地を評価!

発毛剤の中でも比較的ブランド力が高く、値段が割安なこともあって人気のあるリザレックコーワ。

キャベジンやバンテリン、キューピーコーワゴールドなどを販売する大手の市販薬メーカー「興和」から発売されている第一類医薬品の発毛剤です。

Twitterをみていると、

などの口コミもあり、「リアップ同様に発毛効果が期待できて割安な発毛剤」といった評価が伝わってきます。

ただ、効果や価格も大事ですが、発毛剤は毎日使い続ける必要があり、塗り心地や使用感も大事です。

そこで発毛剤徹底研究では、これまでもいくつかの発毛剤を利用してきた立場からリザレックコーワも実際に使ってみて、そのスペックや使い心地、価格情報についてご紹介したいと思います。

リアップと同じ発毛成分ミノキシジルが5%配合で同様の発毛効果が期待できる

リザレックコーワは、2019年4月に発売開始された発毛剤です。

リザレックコーワには、大正製薬の発毛剤「リアップシリーズ」にも配合されている発毛成分「ミノキシジル」が、国内で認可されている最大濃度の5%が配合されています。

そもそも、市販で入手できる発毛剤と呼ばれるアイテムには、どれも発毛成分「ミノキシジル」が配合されています(2020年現在)。

しかし、大正製薬がミノキシジルに関する特許を取得していたため、他メーカーでは作ることができなかったのですが、2018年に特許期限が切れることに。

そのタイミング以降、各製薬会社からいわゆる「ジェネリック発毛剤」の販売が続々と開始され、その一つが、リザレックコーワになります。

現在は十数種類以上の発毛剤が発売されていて価格幅は3,000円台から7000円台までとさまざまです。

リザレックコーワはその中で実売価格3,000円~5,000円台で購入できる格安発毛剤の一つです。

発売元は市販薬メーカーの大手である興和(コーワ)となっていますが、製造は千葉県にあるOEM受託薬メーカーであるリョートーファインが行っています。

リザレックコーワの箱裏

ミノキシジルの発毛効果ってどんなもの?

リザレックコーワの効能効果

リザレックコーワは、薄毛の中でも、思春期を超えた時期から、頭頂部~生え際にかけて徐々に薄毛が進行する「壮年性脱毛症」という症状に効果がある医薬品です。

リザレックコーワにはミノキシジルという発毛成分が含まれており、血管を拡張させて頭皮に流れる血流を促進する作用があります。

1日2回を使用し、4ヶ月以上続けることで発毛効果が期待できます。

ただ、いきなり毛が生えるわけではなく、最初は抜け毛の減少から始まり、産毛が生え、今ある髪の毛も太くなり、成長することによって徐々に薄毛が改善されていく流れになります。

ミノキシジルは、男性ホルモンに関わる物質が原因で起こる男性型脱毛症(AGA)の治療にも有効とされています。

より詳細な効果については、こちらのページにまとめているので気になる方はご覧ください。

リアップと違うポイントは?

発毛成分ミノキシジルが入っている点ではリアップとまったく同じですが、それ以外の成分配合は異なっています。

リザレックコーワには、ミノキシジル以外に下記の成分が配合されています。

  • エタノール
  • 1,3-ブチレングリコール
  • プロピレングリコール
  • pH調整剤

これらは全て、薬液の鮮度や品質維持をするために配合された添加物と位置づけられています。

反対に大正製薬の「リアップX5プラスネオ」の場合は、ミノキシジルと添加物以外に加えて下記のようなサポート成分が配合されています。

  • ピリドキシン塩酸塩…皮脂の過剰な分泌を抑える
  • トコフェロール酢酸エステル…頭皮の酸化防止、血行促進作用
  • l-メントール…かゆみ防止、清涼感
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩…頭皮のかゆみ防止
  • グリチルレチン酸…頭皮の炎症防止
  • ヒノキチオール…殺菌作用、フケ防止

単にミノキシジルの発毛効果だけでなく、かゆみやフケを防止し、健やかな頭皮環境をサポートする成分が配合されています。

特に薄毛に悩んでいる方の場合、頭皮の油っぽさやふけ、かゆみと行った症状を併発していることも多いため、これらの成分がそれらの症状に対してのサポートされることが期待できます。

さらに、リザレックコーワを実際に使ってみると使い心地も大きく違うことがわかりました。

ここからは、発毛剤徹底研究のメンバーが実際に塗ってみた感想を交えながら使い方や注意したいポイントをご紹介いたします。(個人の感想となります)

リザレックコーワの使い方と使用時の注意点

リザレックコーワ

リザレックコーワの用法容量は、1日2回、1回につき1mlを塗布することが定められています。

「1mlなんて正確に計れるかわからない」と思われるかと思いますが、ご安心を。

以下のような基本的な使い方のとおりに使えば、1mlをきちんと計量することができます。

  • 1.ボトルを立ててキャップを回さずキャップを真上に外す
  • 2.透明のノズル部分を回し「はかる」と書かれた部分に合わせる
  • 3.ボトルが真下を向くように逆さにする
  • 4.そのまま2-3秒キープさせる
  • 5.真下にむけた状態で透明のノズルを「ぬる」と書かれた部分に合わせる
  • 6.薄毛が気になる場所を中心に1-2cmの間隔を開け液体が出なくなるまで垂直に押し当てて塗布

透明のノズルがボトルのようになっており、2~5の工程できっちり1ml溜まるようになっています。

ただ、この方法でリザレックコーワを使ってみましたが、使用して気になったポイントが5つあったのでご紹介致します。

キャップは開けにくくてひねってしまうと液体を漏らしてしまう

リザレックコーワの失敗例

リザレックコーワのキャップは、「ひねって開けるのかな?」と直感的に思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、キャップをひねって回してしまうと、ノズルごと外れてしまい、薬液がぼたぼたと垂れてしまうので、この開け方はNGです。

実際、発毛剤徹底研究会のメンバーでも、最初に勘違いしてひねってしまい、薬液を盛大にこぼしてしまいました(笑)

説明書の注意点でも「キャップを開ける際は絶対にひねらないでください」と記載されているため、キャップを外すときは真上にひっぱるようにしてすると簡単に出すことができます。

ノズルを移動する場所が少し見えにくい

リザレックコーワ

リザレックコーワを使用する際、1mlを透明ノズルに溜めてから塗布します。

透明ノズルの下のグレーの部分には、レバーがあり、同じグレーの文字で「ぬる⇄はかる」と書かれています。

このレバーを”はかる”方向にずらしてから逆さにして溜めるのですが、似たような色のため、慣れるまで少しだけ読みにくいです。

対策としてはよく見てずらすしかないので、文字の位置をきちんと確認してひねりましょう。

塗布する際のノズルが細め

リザレックコーワのノズル

ボトルを逆さにしてノズルに1mlがたまってから今度は「ぬる」にレバーをずらして頭皮に塗っていきます。

気になる箇所を中心にトントンと塗布しますが、ノズルが他の発毛剤と比較すると非常に細いので、塗るときに少しだけ痛みを感じる方もいるかもしれません。

リアップやメディカルミノキなど他の発毛剤のずるはこのように細いものではないため、リザレックコーワに乗り換えした方は少しこの痛みを感じやすいと思います。

実は発毛剤のノズルは大きく3つのグループに別れており画像で見る通り形が全然ちがいます。

リリアップは似たような形ですが塗布時に痛みを感じませんし、メディカルミノキやリグロのラバーノズルは頭皮に当たる面積が広いので違和感はまったくありません。

リザレックコーワと同じ価格帯の発毛剤はこの手動ノズルタイプがほとんどで、どれも毎回使用時に少しだけ違和感を感じると思うので、購入時の注意点といえるかもしれません。

エタノールの匂いがやや強い

発毛剤は、添加物であるエタノールによる匂いがあります。

これまで様々な発毛剤を試してきましたが、商品によっては匂いがわずかしかしなかったり、逆にツーンと鼻につくような臭いのものがあったりします。

リアップはほんのりかおる程度でしたが、リザレックコーワは少しアルコールのにおいが感じやすいかもしれません。

使用する際どうしてもこの匂いは感じるため、まとめ買いせずにまずは1本だけ使ってみて自分が耐えられる香りなの確かめる方がよいでしょう。

使用後髪の毛が固まりやすくなる

リザレックコーワは薄毛が気になる部分を中心に1-2cmの間隔を開けながらトントンと塗布していきます。

塗ったあと髪の毛を触ると、塗った後の部分がバサバサになってかたまり、髪の毛がベタつくことがあるかもしれません。

ただ、このベタつきやごわつきは発毛成分ミノキシジルの特性によるもので、どの発毛剤でも起こりやすいです。

ただ、使い方の工夫による対処法がありますので興味のある方はご覧ください。

このように、リザレックコーワはリアップの半額以下で同等の発毛効果が期待できるのですが、使用感や匂いを比較するとさまざまな点で違いがあることがわかりました。

値段が高くても、頭皮サポート成分が入って使用感も良好なリアップを選ぶか、とにかく割安なものを選ぶか?といった基準で発毛剤選びをすると良いのではと思います。

リザレックコーワの価格情報。他発毛剤と比較しても購入しやすい価格帯

次にリザレックコーワの価格情報です。

定価はなく、オープンプライスなので、販売経路によって価格はかなり変わります。

まず、リアル店舗で購入する場合。

市販医薬品の大手メーカーである興和のブランド力もあって、スギ薬局、マツモトキヨシなど大手ドラッグストアなどではリアップシリーズと並んで購入することができます。

販売価格は発毛剤徹底研究会がいくつかのドラッグストアを見回った結果、概ね4,980円(税抜)で販売されていました(2020年8月現在)。

ただし、ネット通販での実売価格からするとこれは少し高めになります。

発毛剤が多数販売されている楽天市場では、3,300円〜6,600円の価格帯で販売されています。

リザレックコーワ

お店ごとに価格を比べて購入するとお手頃な価格で購入できると思います。

発毛剤徹底研究会では、定期的に価格調査を行っており、以下に、1本購入の場合とセット購入の場合の最安価格をご紹介しています。

(価格は日々変動する可能性もあり売り切れ、価格変更の場合がありますのであしからずご了承ください)

リザレックコーワの副作用。確率はリアップと同じ

最後にリザレックコーワを含むミノキシジル発毛剤には、副作用に特に注意する必要がある医薬品として、厚生労働省より「第一類医薬品」として指定されています。

取扱説明書に書かれている副作用の症状は次の通り。

  • 皮膚:頭皮の発疹・かゆみ・かぶれ・ふけ・使用部位の熱感
  • 精神神経系:頭痛・めまい・気が遠くなる
  • 循環器系:心拍が早くなる・胸の痛み
  • 代謝系:原因不明の体重増加・手足のむくみ

配合されているミノキシジルが原因で発生する副作用のため、リザレックコーワだけでなく、他の発毛剤でも同じく発生する可能性があります。

例えば厚生労働省で公開されているリアップX5を使った人の副作用になる確率は、8.82%となっており、ほぼ使った人の9人に1人になんらかの副作用が現れたという結果になっています。

リザレックコーワもリアップX5と同じミノキシジル5%が配合されているため、確率的にも似通ったものになるでしょう。

ただし、報告されているほとんどは皮膚のかゆみやかぶれなどの副作用症状のようです。

ミノキシジルによる副作用症状については、こちらのページでまとめていますので気になる方はご覧ください。

副作用の症状は基本的には使用を止めれば症状はおさまるとされています。

ただ、症状がひどい場合は、購入したドラッグストアで薬剤師さんに相談するか、最寄りの皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

(まとめ)リザレックコーワはできるだけ安くミノキシジル発毛剤を試してみたい方におすすめ

リザレックコーワ

リザレックコーワには発毛成分ミノキシジルが5%配合されており、価格も最安で3,000円台で購入することができるため、リアップの半額以下のコストで同じ発毛効果を感じることができます。

そういうコスパの良さもあってか、口コミでも話題にされておりジェネリック発毛剤としては人気な発毛剤ブランドといえるでしょう。

ただし、塗り心地については、少し注意するようなポイントがあったのも事実です。

これまでさまざまな発毛剤を試してきた発毛剤徹底研究のメンバーも一同に、「少し癖があるね…」というどこかお茶を濁すような表現が多かったですね(笑。

また、頭皮に対するサポート成分も配合されてはいません。

発毛剤は毎日2回使い続ける必要があります。

そのため、できるだけ使い心地よく使いたかったり、頭皮が脂っぽい、ふけやかゆみなどのトラブルを抱えている方は、リアップX5プラスネオを候補にしてみてはいかがでしょうか?


発毛剤徹底研究のおすすめ記事

twitter
発毛剤体験談募集中