激安発毛剤ミノグロウを実際に使って効果や使い方を評価。コスパは超抜群!

ミノグロウは、大興製薬が製造し、岩城製薬から発売されている発毛剤です。

いったいどんな発毛剤なのか、いろいろな発毛剤の使用経験がある薄毛メンバーが実際に使ってみて効果や使い方、さらに価格情報についてもご紹介したいと思います。

ミノグロウはリアップのジェネリック発毛剤

ミノグロウは2018年の11月に発売された比較的新しい発毛剤のブランド。

ただし、まったく新しい薬ではありません。

ミノグロウには、大正製薬が発売している発毛剤のブランド「リアップ」シリーズと同じ発毛成分であるミノキシジルが含まれています。

ミノキシジルは、これまで大正製薬が特許を取得していることから、他社は同じ発毛成分を含んだアイテムを発売することはできませんでした。

以前のリアップのコマーシャルでは「日本で唯一の発毛剤」と言われたのはこんな理由があるからです。

ところが、2018年にミノキシジルの特許保護期間が切れたことから、大正製薬以外の他のメーカーでもジェネリックの発毛剤として自由に販売できるようになりました。

現在ではさまざまなメーカーから、リアップのジェネリック発毛剤が発売されていますが、ミノグロウはその中でもトップバッターとして発売されています。

ミノグロウは激安系発毛剤のトップバッター

ミノグロウが注目されている理由は、発毛剤の中でもかなり格安で販売されていること。

くわしい価格情報はページの後半でしっかりご紹介しますが、先発発毛剤である「リアップX5プラスネオ」の7,752円に比べて、ミノグロウの実売価格は平均して3,000円台と、ほぼ半額近い値段で入手することができます。

ただ、これだけ安いとなると、効果や使い心地の面で心配になる方がいらっしゃるかもしれません。

実際のところはどうなのかご紹介いたします。

ミノグロウは理論上リアップと同じ効果がある

ミノグロウに含まれているミノキシジルには、血管を広げ、血流をアップさせる効果があります。

頭皮に浸透させると、毛根の下を流れる毛細血管の血流が増加することによって、毛根に髪の成長に必要な成分を送り届けることによって、発毛を促進するメカニズムです。

さらに詳しいメカニズムや効果について気になる方はこちらをご覧ください。

ミノグロウには、このミノキシジルが現在日本で認可されている最大値である5%の濃度で配合されています。

これは大正製薬の「リアップX5プラスネオ」と同じ濃度であり、理論上はリアップと同じ効果が期待できると考えてかまいません。

リアップでは、発売前に実際に薄毛の人に臨床試験を行っており、その結果を引用すると

  • 6ヶ月以内…約80%の人
  • 1年以内…約90%の人

に発毛に対する効果があることが実証されています。

また、毛細血管の密度が高い頭頂部の薄毛に特に効果があり、ミノグロウの箱裏には効果の期待できる薄毛パターンが表示されています。

このパターンのどれかに近ければ近いほど効果が高いとされています。

最低でも4ヶ月以上の使用で効果が出始める

ミノグロウを使い始めたらからといってすぐに髪が生えるといった即効性はありません。

ミノキシジルはじっくり使うことで髪の成長を促進する効果があるので、最低でも4ヶ月以上の使用が推奨されています。

また、いきなり髪が生えるのではなく、最初は抜け毛の量が減ってきて、気がついたら髪の量が徐々に回復するといったイメージです。

かくいう私も同じミノキシジル5%配合のリアップX5を使い始めて、抜け毛が減ってくるまでには3ヶ月くらいかかりました。(くわしい体験談はこちら)

最初は焦らずにじっくり使い続けるのか効果を出すポイントです。

逆に半年以上使っても抜け毛の量が減らなかったり、髪の量に変化がない場合は使用を中止することがすすめられています。

添加物の配合も少なく、サポート成分の配合はなし

ただし、リアップと同じなのはミノキシジルとその濃度だけ。

他の成分、添加物の配合は違っています。

リアップX5プラスネオと比較した場合、

ミノグロウの添加物

エタノール、1,3プチレングリコール、プロビレングリコール、ph調整剤

リアップX5プラスネオの成分・添加物

サポート成分

ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、ジフェンヒドラミン塩酸塩、グリチルレチン酸、ヒノキチオール

添加物

L-アルギニン、グリシン、1,3プチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール
このように並べてみても大きく違うことがわかります。

リアップX5プラスネオには、ミノキシジル以外に頭皮のトラブルに対処するためのサポート成分が6種類含まれており、薬液の使用感が大きく向上しています。

反面、ミノグロウは、薬液の鮮度や品質を維持するためだけの添加物のみの配合となっています。

この違いがどのように使い心地に影響するのか、ここからは実際にミノグロウを使ってみて確認してみます。

ミノグロウの使い方は他の育毛剤より一手間かかる

発毛剤徹底研究会のメンバーはリアルに薄毛対策をしているため、普段はリアップX5を中心に、たまに他のジェネリック発毛剤を使っています。

初めてミノグロウを箱から取り出して、ボトルのキャップを取り出してみると、先端のノズルの形がこれまでの発毛剤とまったく違うことがわかります。

ミノキシジルが配合される発毛剤は、1回に塗れる量は最大1mlまでと厳密に決められていて、その量をあらかじめノズル部分に溜めるような構造になっています。

ミノグロウの場合は、

  • 塗る前にノズルの下にある突起を右の方向「はかる」マークにスライドさせる
  • ボトルを逆さにする
  • 数秒待ってノズルの真ん中の先端に薬液がたまっていることを確認する
  • 逆さにしたまま突起を左の方向「ぬる」マークにスライドさせる
  • そのまま頭皮にあてて塗る

といった手順で塗る必要があります。

実はリアップやスカルプD、リグロEX5といった発毛剤は、ボトルを逆さにするだけで自動的に計量できてしまいます。

突起の操作が必要なミノグロウは塗る前の計量にひと手間かかる印象です。

ノズルの先端は極端に細く、液体が出たのか少し分かりづらい

計量ができたらそのまま頭皮に押し当てて塗っていきます。

説明書には軽く押し当てると薬液が出てくる~と書いてありますが、1回に出る量が少ないのか、本当に塗れているのかよくわからない感じです。。

少し強めに押してみるとなんとなく薬液が出ていることがわかりますが、、あまり強く押し当てると今度は多めに出てしまいますし。。

力加減の調整はなれるまで少し時間がかかりました。

このまま1~2cmずつ間隔をとりつつ、薄くなっているところを中心にしてトントンと押し当てていきます。

頭全体に塗り拡げる必要はないのですが、同じあまりに場所に集中して塗ってしまうとべとつきの原因になるので注意しましょう。

だいたい50回くらいトントンしているると薬液がなくなってきました。

薬液の匂いは強め

塗ったそばから強めのアルコールの匂いがします。

同じ部屋で使用すると「何か塗った?」と人に聞かれるかもしれないレベルとお考えください。

リアップやスカルプDの場合も似たような匂いはするものの、幾分にマイルドになっているのですが、ミノグロウはそれよりも強い印象がありますね。

また、塗った瞬間からピリピリとした違和感(=ほてり)を感じました。

時間が経つと、ぴりぴりはなくなりますが、乾燥するに従って痒みが出てきたように感じました。(あくまで個人の感想です)

慣れもあるかもしれないので、副作用副作用と騒ぎ立てるほどではないですが、正直いい気分はしません。。

塗った後に髪がべたついたり、ごわつく場合の対処法

塗った後に髪がべとついたり、ごわつきや髪の固まりなど気になる場合があると思います。

これはミノキシジルの特性で、髪質の個人差にもよりますが、どの発毛剤でも起こる現象です。

対処方法としては、

  • 塗るときは必ず1cmずつ間隔を開けてトントンすることを厳守
  • それでもベタつくときは、それでもベトつくときは、完全に乾かした後、髪の表面だけをごく少量の水で濡らしてみる(濡れ手でさする程度)

くわしい対処法はこちらにも書いていますのでご覧ください。

副作用になる確率もリアップと同じ

ミノグロウに限らず発毛剤を使うには避けて通れない道。それは副作用です。

取扱説明書には以下のように書かれています。

  • 皮膚…かゆみ、ほてり、かぶれ、発疹など
  • 心臓に関する副作用…血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞
  • 痛みに関する副作用…頭痛・めまい・胸痛
  • 代謝系に関わる副作用…原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

副作用は発毛成分ミノキシジルによって起こるものなので、そのリスクはリアップと同じものと考えて構いません。

リアップの場合、使った人の9人に1人に副作用が現れたという結果になっていますが、かゆみや発疹など頭皮のトラブルが多く、その他の副作用は確率的に非常に低いものとなっています。

副作用について心配な方はこちらのページも参考にしてみてください。

ミノグロウの最安価格情報~ネット購入だと3,000円を切る場合も

ミノグロウの最大の特徴はその価格です。

同じミノキシジル5%配合のリアップなどの発毛剤と比べるとほぼ半額~3割引程度の価格で入手することができます。

実売価格の参考例

ただし、販売経路が限られているため、現時点ではどの薬局やドラッグストアにも置いてあるわけではありません。

実際、大手チェーン系のドラッグストアをいくつか見回ってみましたが、ミノグロウを置いてあるところを見つけることはできませんでした。

どこにお住まいの方でも安く手に入れるためにはネット通販の利用がオススメです。

Amazonでは現時点で販売されていませんが、楽天市場に出店しているネットショップではミノグロウが数多く販売されています。

価格については、日々刻々と変わるため、断定できませんが、おおむね1本あたり3,300円~3,500円前後での価格帯が中心となっています。

ただし、店舗によっては送料が別になっている場合もあるので、表面価格に惑わされず、送料無料で最安値の店舗を探すことがポイントです。

時期によってキャンペーンを実施していたり、ポイント増量を行っている場合は実質3,000円を切る価格で販売されていることもあります。

こちらのリンクは、現時点で送料無料で価格が安い順番でミノグロウが出てくる画面に遷移しますので、気になる方はチェックしてみてください。

ミノグロウとまったく同じジェネリック発毛剤はたくさんある

実はミノグロウには、パッケージと名前が違うだけで、ボトルや中身がまったく同じ商品が多数販売されています。

ミノグロウの製造元は大興製薬となっていますが、その親会社のシオノケミカルという会社が同じスペックでブランド違いの発毛剤を多数発売しています。

そこに至るくわしい経緯はこちらをご覧ください。

5社のうち、後発品会社シオノケミカルは今年3~4月、自社で商標出願をしており、準備万端の様子。発毛効果を認める成分「ミノキシジル」が、リアップシリーズの主力製品「リアップX5プラスローション」(税抜き7048円)と同じ5%配合されていることをパッケージ前面に出し、製品の呼称は「ミノゲイン」「ミノグロー」などを検討しているもようだ。
https://ascii.jp/elem/000/001/687/1687054/

現在では10種類以上のミノグロウと同じスペックの発毛剤が発売されていますが、そのなかでも比較的知名度が高いのが「ミノアップ」「リザレックコーワ」です。

場合によってはこちらの場合が値段が安くなっている場合もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ジェネリック発毛剤の全アイテムもこちらのページで紹介しています。

発毛剤徹底研究のおすすめ記事

twitter
発毛剤体験談募集中