リアップの初期脱毛は副作用ではなく効果の兆し

初期脱毛のことは説明書には書いていない

リアップと検索していると必ず「初期脱毛」という言葉がでてきます。

リアップのことをまだ良く知らない方にとっては「育毛剤なのに脱毛が促進されてしまうのかな?」「思わぬ副作用なのかも?」とネガティブな誤解をしてしまうかもしれません。

そして、何よりまず私自身が初期脱毛というものを体験したことがありません。

そこで、再度リアップ本体に添付されている説明書を見てました。しかし、「ご使用にあたって」、「ヘアケアQ&A」といった項目を見ても初期脱毛に関する注意は書いてありませんでした。

そこで、初期脱毛がどんなものなのかもう少し詳しく調べてみるとこんなことがわかってきました。

概ね塗布を始めてから10日~2ヶ月くらいで起こるが全員ではない

いろいろな人の体験記を見てみましたが、共通することは、塗り始めて最速で10日位~遅くても2ヶ月程度で抜け毛の量が以前よりも増えるそうです。

その量は個人によってさまざま。目に見えて大量に抜け毛が増えた人もいれば、「なんとなく増えたなぁ…」という人、はたまた私のように初期脱毛を感じなかったという意見まで、多種多様なようです。

個人差が相当に多い症状といえますね。リアップの公式説明書に書かれていないのは、このように全員に起こるものではないからかもしれません。

まずヘアサイクルを正しく理解しよう

ではなぜ、使い始めて早い段階で初期脱毛が起こってしまうのでしょうか?
それにはまず「ヘアサイクル」という髪の毛の生えるメカニズムを理解することが必要です。

髪の毛というものは、生えてきたらずっと伸び続けるものではありません。必ずどこかの時期で成長が止まり、やがて抜けていきます。1本1本タイミングこそ違いますが、そのサイクルは、正常な場合以下の様なものになると言われています。

    推定期間
成長期 毛が作られている状態 2~6年間
退行期 髪の毛が抜けていく状態 2週間程度
休止期 髪の毛の生産自体を行わない 数ヶ月~半年

リアップがターゲットしている壮年性脱毛症の場合、成長期の期間が短くなり、休止期が長くなり、あるいは成長期に毛髪が十分に成長しないことで、薄毛が起こると定義しています。つまりヘアサイクルが乱れているということです。

リアップを塗布することで、休止期にある髪の毛を成長期に移行させる、さらには成長期の期間を長くさせることで、毛髪を十分に成長させる効果が期待できます。

つまり、頭髪全体を本来正常であるヘアサイクルの流れに戻すということになるわけです。

初期脱毛の抜け毛はヘアサイクルが乱れた古い髪の毛である

初期脱毛というのは、このヘアサイクルを元に戻す過程で発生します。

退行期~休止期寸前の髪の毛が、リアップによって本来のヘアサイクルに戻そうと作用した結果、抜け毛が促進されるということです。

初期脱毛が起こってしまったら、その髪の毛を少し観察してみましょう。なんとなくいつもの髪の毛より細い、短い、弱々しいと感じることはないでしょうか?

大事なことは副作用として捉えるべきではなく、最終的に効果(=発毛)が出るまでの一過程と捉えるべきです。

つまり、初期脱毛が起こることは自分の毛髪にリアップが効いている兆しであるといっても過言ではありません。古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛、しかもそれはヘアサイクルが正常な本来の長く太い髪の毛になります。

現実に初期脱毛が起こった人でもその後しばらくしたら産毛が生えてきたということがセットで書かれている事が多いので、むしろ初期脱毛が起こるほうがリアップが効いているというシグナルにもなるのではないでしょうか? もちろん使用を止めるべきではなく、そのまま続ける方が良いと思います。

私自身は初期脱毛という症状がなかったため、最初は知る由もなかったのですが、こうしてみると、こういったイベントが発生することでその後の産毛が生えてくるのが楽しみになったりしますね。



長期間経っても脱毛が多いなら使用中止も考える必要

大部分の人は初期脱毛を好意的に捉えてもいいとは思いますが、全てがいいというわけではありません。初期脱毛ということは髪の毛が退行期に移行するわけですから、ヘアサイクルに当てはめてみるとその期間は2週間程度です。

2週間を過ぎて一ヶ月になっても依然として抜け毛量が増えているということであれば、別の原因や異常が考えられると思います。

初期脱毛が起こったらその日を覚えておいて、あまりにも長期間続くようであれば使用を一旦ストップし、回復するかどうか見極めたほうがいいと思います。

また、これらの初期脱毛の症状はリアップだけに限らず、下の段でご紹介しているような医薬部外品の通販育毛剤にも起こりうることです。

ヘアサイクルに基づく生理作用の問題ですから、髪への効果を感じる効果の兆しと考えてもいいかもしれません。

まとめ

  • 初期脱毛は、使用開始後10日~2ヶ月の間に起こるが全員に起こるわけではない
  • ヘアサイクルを正常に戻す過程で発生するものなので、好意的に捉えるべき
  • 2週間以上長期間脱毛が続くようであれば使用中止をしてみる

コスパや副作用の少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

特許成分バイオポリリン酸の複数の発毛因子の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

BUBKA-ZERO

医薬部外品

2018年リニューアル!M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。

プランテル

プランテル

医薬部外品

セファランチンによる血流促進作用。リアップが不得意なM字型薄毛専門の育毛剤

プランテル

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし