リアップ徹底分析

リアップを途中で止めると本当にリバウンドするのか?

リアップを使用を考えている、もしくは使い続けている人には
「途中で止めてしまったらまたリバウンドしてしまうのかな?」
という疑問がつきまとうと思います。

リアップにおけるリバウンドとは、使い始めて髪の毛の本数が増えて発毛状態になった、もしくは抜け毛の本数が減って髪に太さやコシなど改善効果が出たにも関わらず、使用をやめた途端、また抜け毛が増えたり、産毛のまま成長が止まってしまった状態を指します。

実際にネット上の口コミを見ても、リバウンドに関する報告は多いですし、中にはさらに薄毛が進行してしまい、結局全部ハゲ上がってしまうのではないか?というセンセーショナルな書き込みがあったりします。

決して他人事ではないリバウンドは実際どの程度まで起きるのか、さらにリバウンドを避けるにはどうしたらいいのか解説してみます。

対症療法である限り、途中で止めるとまた元に戻ることが多い

実際のトコロは、やはりリバウンドはあることが多いと言わざるを得ません。
なぜかといえば、リアップは抜け毛の根本原因を退治するものではなく、症状を抑制し続ける「対症療法」であるからです。リアップは血管を拡張し、血流を改善することで毛乳頭細胞に働きかけ、髪の細胞増殖因子を産生させる役割を持っています。

しかし、血管を拡張しているのはあくまで塗布中のことだけ。使用を止めれば、また元の血管に戻ってしまいますし、薄毛を進行させる原因物質といわれる男性ホルモンDHT自体を除去、または抑制しているわけではありません。

つまりリアップ塗布中は発毛へのマイナス要素とプラス要素が常に同居し、拮抗しあっている状態なのです。

このような中で、リアップの塗布を止めてしまうと、発毛へのプラス要素がなくなり、DHTの活動のみになってしまい、リバウンドにつながります。

もちろん個人の体調差はによって結果は変わることがあります。
途中で止めた時点で、男性ホルモンDHTの活動が不活発であったならば、思ったより進行がなかった、逆に活動的であったならば、薄毛が進行してしまうということは十分に考えられますが、確定的なことは止めてみないとわからないのが現状です。

ただし、勘違いしてはいけないことがひとつ。
リアップを途中で止めることが、薄毛を以前より拡大させるトリガーになるという明確なエビデンスは今現在、見当たりません。

薄毛は進行形の症状なので、止めた後の落差において表現されたものかもしれませんが、リアップ自体が薄毛の原因には決してならず、自分の本来の症状以上のことは起こらないということです。

同じことはプロペシアや他の育毛剤にもいえる

リバウンドについては、なにもリアップだけに限ったことではありません
例えば処方箋が必要な医療用医薬品として認可されている内服薬「プロペシア」は、リアップと違い、DHTを生み出す酵素5a-リダクターゼの動きを妨害することにより、抜け毛の原因物質をそもそも生み出さないメカニズムです。

しかし、やはり原因物質を根本から取り除くわけではないので、服用を止めると5a-リダクターゼは再び活動を再開してしまい、再びリバウンドしてしまいます。

他の医薬部外品系の育毛剤も似たり寄ったりです。現在の育毛剤のアプローチが、原因を根本から治すものではなく、対症療法である以上、途中で止めることによるリバウンドは決して避けられないわけです。

では、リバウンドを引き起こさないために、私たちは何に気をつけてリアップや育毛剤を選べばいいのでしょうか?

効果はもちろん、ランニングコスト、使用感を三位一体で考えよう

もちろん、発毛効果が出てからの話になりますが、リバウンドがある以上、育毛剤を選ぶにあたっては効果という面と同じくらい「使い続けられる」かどうかを事前に見極める必要があります。オススメしたいのが選ぶときに下の3つのポイントを押さえておくことです。

効果はまずエビデンス(根拠)のあるアイテムを中心に。

まず最初に、リアップのような医薬品や、医薬部外品の育毛剤の中でも、特許を取得していたり、育毛効果を表すエビデンス(根拠)があるものの中から選び、期間を定めて薄毛の状況がどう変わったのかを確認し、継続しようか次の育毛剤に乗り換えるかを判断しましょう。

例えば1年続けても、産毛が出てきた、髪が太くなってきたなど、わずかながらでも効果を実感することができなければ、おそらく今後も効果は見込めないので乗り換えを判断するべきでしょう。

使用感と副作用は口コミに頼らず自分の感覚で

毎日自分の体の一部に取り込むわけですから、炎症や痛みといった副作用はもちろんのこと、かゆみやほてりといった肌への違和感を感じるものは、例え効果があったとしても絶対に避けるべきでしょう。発毛どころかその症状の悪化のデメリットがはるかに大きいですよね。

無理して使ってリバウンドになってしまえば、今までの努力が水の泡になってしまいます。自分にとって使いやすい、生活の一部に溶けこませることができるアイテムを選ぶことが大切だと思います。

育毛剤を探すにあたって口コミ情報を参考にする場合もありますが、使用感については、口コミ情報だけを参考にせず、できるだけ実際に試して続けられるか判断することが必要です。

例えば、”メントール効果”による清涼感は、ある人はすっとして気持ちよくても、別の人には不快感しか与えないというように、使用者それぞれによって基準は違いますよね。

通販での育毛剤では、無料お試し期間(期間内全額返金保証制度)がついている育毛剤もあるので、それを利用して実際に試してみるのもベターですね。

最初に見落としやすい「ランニングコスト」もリバウンドのリスクになる

効果があったとしても、金銭的に続けられない=将来に渡ってコストが払いきれない場合もリバウンドになるリスクですから、初めての選択にあたっては、使い続けると仮定した場合、金銭的な負担も問題ないか考えるべきです。

コストは、初回購入価格だけではなく、月間コスト、年間コストをみて支払い続けられるのかを判断しましょう。

もしリアップの価格が負担出来ない場合は、トータルコストが安い育毛剤を使って効果があるか試してもいいかもしれません。
ちなみに、リアップのランニングコストについては、このような感じです。(定価での換算)

一本あたりの使用期間 約30日
購入価格 7,400円
半年間のトータルコスト 44,400円
1年間のトータルコスト 88,800円

1年継続利用すると約9万円かかります。この価格をベンチマークとして、医薬部外品の育毛剤で特許、独自研究などでしっかりとしたエビデンス(根拠)ある育毛剤とのコストを比較してみましょう。

特許成分を配合しているポリピュアはリアップの半分以下 

一本あたりの使用期間 約60日
定期購入価格 6,800円
半年間のトータルコスト 20,400円
1年間のトータルコスト 40,800円

特許を取得しているバイオポリリン酸を配合しているポリピュアEXは1本で約2ヶ月使用することができます。1年後で見てもリアップの半額以下で継続利用することができます。

また、2ヶ月ごとにしか購入しなくていいので、購入した際の受け取りの手間も省くことができるのはメリットといえますね。45日間全額返金保証があるので、使用感についてもじっくり試すことができますね。

世界毛髪研究会議最優秀賞のM-1育毛ミストは副作用がほぼ皆無で割安

一本あたりの使用期間 約45日
定期購入価格 9,000円
半年間のトータルコスト 36,000円
1年間のトータルコスト 72,000円

メイン成分である「加水分解酵母エキス」を使ったマイクロセンサー理論が、毛髪再生の研究者の会議で高い評価を受けたM-1育毛ミストは、最大で45日使用可能でリアップよりも割安に試すことができます。

1本200mlと大容量なため、人によっては2ヶ月使用可能かもしれません。さらに無添加・ノンアルコールにこだわっているため、できるだけ副作用を少なくしたいという方にはとくにオススメです。30日間の全額返金保証あり。

ミノキシジルと同等効果のM-034配合のBUBKAは割高だがサプリ付き

一本あたりの使用期間 約60日
定期価格(初回) 5,980円
定期価格(2回目以降) 11,664円
半年間のトータルコスト 64,300円
1年間のトータルコスト 134,284円

独自試験でミノキシジルと同等効果のM-034が配合されているBUBKAはサプリ付きの定期プランがお得。初回は5,980円とリアップよりも安い価格でサプリと育毛剤を使用することができます。

ただ、2ヶ月目以降は1万円を超えるのでリアップよりも割高になりますがサプリ+育毛剤で内側と外側から同時に育毛対策がしたい方にはオススメです。30日間の全額返金保証あり。

特許成分配合のLPLP薬用育毛エッセンスは最も割安だが使用感は要確認。

一本あたりの使用期間 約60日
定期価格(初回) 980円
定期価格(2回目以降) 5,605円
半年間のトータルコスト 12,190円
1年間のトータルコスト 29,005円

ポリピュアと同じく特許成分配合のLPLPは、初回購入価格も定期購入価格も安く1本で2ヶ月間使用できることから、紹介した4つの中でも最もコスパが良く、リアップと比較しても半年間のコストは1/3に抑えることができます。

ただし、定期の場合には3回の継続購入が必須であること、匂いが若干きつめではあるので、気になる方は注意するほうが良いですね。

リアップも他の育毛剤も対処療法であるため、たとえ薄毛が改善しても、そのまま継続利用することが前提です。

発毛効果が公的に認められるほど高いけれども、継続購入するための価格が高かったり、少し刺激的な使用感で使用をやめてしまうことがリアップの場合とくに多いことから、リバウンドに対する注目度も自然上がってくるのでしょう。

また、育毛剤の分野は例え医薬品であっても個人差により、効く、効かない、さらには副作用というのが千差万別に起こってきます。

一つの育毛剤に固執せず、まずはいろいろな商品を試してみて、本当に使い続けられる育毛剤を探し当てるといった一見遠回りに見えるけれど、実は発毛への近道ではないか?と考えています。

まとめ

  • リアップに限らず、全ての育毛剤でリバウンドのリスクは避けられない。
  • 途中で止めても自分の本来持っている症状以上に拡大することはない。
  • 効果、価格、使いやすさを三位一体で考えて選ぶことが正しい発毛の近道。