知ってた?リアップX5には通常モデルとネット限定モデルの2種類がある~効果や値段の違いは?

リアップシリーズの中でも、CMなどでも放映されていて、最も知名度の高いアイテムが「リアップX5プラス」

リアップX5プラス

全国のドラッグストアやネット通販でも幅広く販売されていて、まず目につくアイテムですね。

リアップシリーズの主成分であるミノキシジルが5%配合される全モデル中最大濃度となっていて、シリーズの中でもフラッグシップモデルとなっています。

ただ、同じミノキシジル5%配合で、一部のネット通販サイトだけしか販売されていない価格の安い限定モデル「リアップX5」(名前にプラスローションがつかない)があることをご存知でしょうか?

リアップX5

パッケージの色は、金と銀に分かれていますが、パット見は違いがわかりにくいですね。

おなじX5がついていながら、効果や値段など違うポイントがあるのでしょうか?

そこで、このページでは、リアップX5プラスとリアップX5の違いをひとつひとつ比べながら、X5の効果や、使用感や口コミ、そしてどちらを使うとオトクなのかご紹介したいと思います。

ミノキシジル5%配合は変わらないため効果も両方とも同じ

リアップシリーズの最大の特徴は主成分であるミノキシジルです。

ミノキシジルは、皮膚科の専門医が発表した2017年版の日本皮膚学会発行「男性型脱毛症治療ガイドライン」にて、「行うよう強く勧められる」というAランクの評価を得ている成分です。

ミノキシジルは塗布することで頭皮の血流が促進され、結果、下記3つの効果が期待できます。

  • 1. 毛乳頭細胞の増加
  • 2. 毛母細胞の死滅抑制
  • 3. 毛組織の血流改善作用

これらの効果により、髪の毛が生えろと指示をする毛乳頭細胞が活発に育毛指令を出し、髪の毛がどんどん伸びていくのです。

ミノキシジルの効果についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ミノキシジルは、配合濃度が濃ければ濃いほど、効果が高まるとされていますが、リアップX5プラス・リアップX5どちらもミノキシジルの配合量は5%(100ml中5ml)と変わりありません。

従って、直接もたらされる効果については、「リアップX5プラス」も「リアップX5」もなにも変わらないということになります。

実際にリアップの販売元である大正製薬のサイトに掲載されている臨床試験をみると、「リアップX5」と「X5プラス」は一緒に紹介されており、同等の効果とまとめられています。

リアップX5の長期投与試験臨床データ

効果は同じことがわかりました、が、「リアップX5プラス」と「リアップX5」はいったいなにが違うかといえば、ミノキシジル以外の配合成分にあります。

リアップX5プラスには3つのサポート成分が配合されており、頭皮にまつわる副作用を緩和している

リアップX5プラスローションには、ミノキシジル以外に下記3つのサポート成分が配合されています。

  • ピリドキシン塩酸塩(0.05g):毛穴の皮脂詰まりを防ぐ
  • トコフェロール酢酸エステル(0.08g):頭皮の炎症を抑える
  • l-メントール(0.3g):頭皮の炎症を抑える

どれも、頭皮に関わる保護の成分が配合されており、皮膚に関することは、リアップ使用時の副作用のひとつに数えられる症状です。

リアップX5プラス表記の副作用

では、リアップX5プラスを使うことによって、 頭皮に関する副作用の緩和につながるのでしょうか?

そこで、「大正製薬のお客様119番室」に電話で確認してみることにしました。

私:サイトではリアップX5は副作用率8%と記載がありますが、リアップX5プラスは副作用率の記載がありません。配合成分をみると頭皮のケア成分が3つ新たに配合されたため、副作用率はリアップX5プラスの方が、低いのかなと思ったのですが、どうなのでしょうか?

大正製薬:副作用はミノキシジルが影響して発生することから、副作用率についてはリアップX5 とリアップX5プラスは同等と考えております。

すんなり答えをいただくことができましたが、これだけならリアップX5プラスの価値はどこにあるのか正直わかりません。

そこで、それぞれのモデルはどういう人にオススメなのか?さらに質問してみました。

私:では、リアップX5はどういう人にオススメで、リアップX5プラスはどういう人にオススメなのでしょうか?

大正製薬:リアップX5プラスには3つの有効成分を配合しています。これらは頭皮環境を整える有効成分であることから、より効果を高める事を目的として配合しています。

一方、リアップX5はミノキシジル5%のみの配合ですが、価格はお求めやすくなっています。ですので、少しでも安く商品をご検討されている方にオススメさせていただいております。

これはつまり、ミノキシジルで髪の成長を助けるとともに、頭皮の状態が悪いことによって抜け毛が増えたりすることもあるので、頭皮の環境を良くすることでさらに発毛効果をより高めることをリアップX5プラスでは狙っているということですね。

薄毛も気になるけど、頭皮が脂っぽい、肌荒れが気になる、かゆみやフケがあるといった症状を同時にお持ちの方はリアップX5プラスを選択するべきなのだと思います。

では、次に実際の使い心地は変わる部分があるのでしょうか?

両方を実際に試してみて、その使用感の違いについてまとめてみました。

ノズルの形状は変わりはないが、リアップX5プラスの液体の使い心地は個人的にマイルドに感じる

リアップシリーズは、第一類医薬品であり、決められた量を正確に毎回塗布する必要があるため、1回の使用量が計測できるような特殊なノズルになっています。

リアップX5のノズル

「リアップX5プラス」も「リアップX5」も、用法、容量はまったく同じで1日2回の使用ですが、1回につき1mlを塗布することとされています。

この1mlを正確に測ることができるように特殊ノズルになっていて、この画像のように逆さにすることで、1mlがノズルの中ほどにある計量室に自動的にたまるため、一回の塗布量をきっちり使用できるようになっています。

リアップX5プラスの塗布の実際

この計測ノズルについても全く同じですので使い方自体はまったく変わることはありません。

ただし、あくまで私個人の感想ですが、出てくる液体の感触には大きな違いがあります。

まず、「リアップX5」は、使用後数分で塗布した部分がチクチクして、さらに時間が経つと、じんわりと熱くなってくることを感じるため、感じる刺激が若干強いように思いました。

また、ツンとしたきついアルコールの匂いがするのも特徴です。この匂いが苦手という方もいるのではと思います。

一方「リアップX5プラス」は、塗布後ツンとした刺激は感じることなく、とてもマイルドになっていることを感じます。

塗布後マッサージしていると、じんわりと患部が熱くなってきますが、最初のチクチクとして感じがしないだけ分、使い心地は良く感じました。

ほのかにアルコールのにおいはしますが、リアップX5のようにツンときつい感じでなくオブラードに包まれた柔らかさがあり、アルコールのにおいが改善されています。

「リアップX5プラス」のほうが、匂いも使用感もマイルドな感触におさまっており、使い心地が良いと感じるのではないかというのが私の感想です。

価格はリアップX5の方が安い。しかしコストコで購入するとリアップX5プラスの方が安くなる

最後に使い続けていく上で重要なのが価格です。

リアップは効果がでるまでに4ヶ月間の使用を推奨されています。1本あたりの差が数百円でも、何本も使っていくことを考えれば、安いに越したことはありません。

リアップX5プラスローションの定価は7,611円(税込)ですが、2018年11月時点で楽天市場で実勢価格を確認すると、最安値だと6,849円で販売している店舗もあり、そこから楽天ポイントも付与されるので店舗で買うよりも約10%ほどお買い得に購入することができます。

また、まとめ買いをすることにより、さらに割引率がアップする場合もありますので、気になる方は以下のページをご覧ください。

一方で、「リアップX5」について調べてみると、ネット限定商品であるため、販売サイトで調べると、どのサイトでも6,458円の統一価格で販売されており、店舗間の誤差はありません。

結果、「リアップX5」の方が1本あたり500円ほど安く購入でき、コストパフォーマンスについては、オトクといえるでしょう。

価格だけならリアップX5の方が安い。しかし使用感や頭皮環境の改善ももとめるならリアップX5プラスが効果的

ここまで「リアップX5プラス」と「リアップX5」の比較した内容をまとめてみます。

  リアップX5プラス リアップX5
効果 ミノキシジル濃度5%で変わりなし
頭皮ケア成分 ・ピリドキシン塩酸塩
・トコフェロール酢酸エステル
・l-メントール
なし
ノズル 計測ノズルで変わりなし
使用感 マイルドな使用感で刺激も匂いも控えめ チクチクとして刺激、アルコールのツンとした匂いがある
実勢価格(ネット調べ) 6,849円 6,458円
販売先 ネット通販、薬局店頭 一部のネット通販のみ

ミノキシジルの配合量が同じである以上、効果は変わりはないため、「使用感」か「価格」で選びましょう。

リアップX5プラスは、3つの頭皮ケア成分を配合しているため、使用感がマイルドです。

リアップは4ヶ月間朝晩2回毎日使用し続けて効果が判断できるため、使い心地に違和感がないと、毎日のストレスが減少されます。

また、大正製薬はミノキシジル配合量の観点から副作用率に変わりはないと言っていますが、成分的にみると頭皮の炎症を抑える成分が配合されていることから、リアップX5プラスの方が相対的に肌に優しく副作用にもなりにくいと考えられます。

特に肌が弱くて炎症をおこしやすい、ピリピリとした使用感が苦手な方、頭皮環境の改善も同時に行いたい方はリアップX5プラスがオススメです。

 

一方、「効果が同じであればとにかく安いものがいい」方は、実勢価格で500円ほど安いリアップX5がオススメですが、一部のネット通販サイト(ケンコーコム、楽天24、爽快ドラッグなど)限定販売となっているので注意しましょう。

効果とコスパが両立し、副作用が少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

4つの有効成分+独自成分バイオポリリン酸による強力な育毛効果で450万本以上の売上を誇る育毛剤。アレルギーテストをクリアし、副作用の心配が少ない。

プランテル

プランテル

医薬部外品

リアップでは効果がないM字型薄毛に対応。有効成分セファランチンによる血流促進作用と原因物質の抑制を行う独自処方の育毛剤

BUBKA-ZERO

医薬部外品

M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界毛髪会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。