リアップ徹底分析

主成分ミノキシジルはどの作用をもたらすのか?

リアップの主成分でもあるミノキシジル(minoxidil)は、1960年代にアメリカで血管拡張剤として開発された成分です。本来は血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でしたが、服用していた患者たちから続々と毛髪が増加したとの報告がなされ、発毛効果に注目が集まりました。

そして、そこから本格的な発毛成分としての研究が始まり、およそ20年後の1980年代、アメリカの「アップジョン社」の手によってミノキシジル2%配合の発毛剤「ロゲイン」が販売されました。ミノキシジルという成分が一躍認知度を高めたのも、ちょうどその頃でした。

ミノキシジルの効果・効能

ミノキシジルのそもそもの効果は、血管を拡張し、一時的に血流を増加させることです。では、なぜ血流を増加させると発毛を促せるのでしょうか。毛髪の根っこにあたる毛根の中心部には、毛乳頭と呼ばれる部位が存在します。
正常なヘアサイクルを営めている人の場合、この毛乳頭が発毛に必要な酸素や栄養素を血液から取り込んでくれているのです。逆にヘアサイクルが正常でない場合の原因の一つとして血行が悪く、栄養が行き届かず、髪の毛がうまく育たないという現象が現れるそうです。そのため、頭皮の血行の善し悪しは、発毛に深く関わるというわけです。

つまり、フローでまとめるとこういうことになります。
ミノキシジルを摂取→血管拡張→血流増加→毛乳頭が効果的に栄養を摂取→発毛促進!

発毛因子を増やす効果もある!?

以上がメーカー発表の内容をもとに個人的に解釈した内容なのですが、ミノキシジルのもう一つの効果として一部から言われている説として血流増加とともに「発毛因子」を増やすのではないか?ということがいわれています。
毛乳頭という場所は、毛髪を生やす司令塔という部分であり、栄養を取り込むと同時に髪を生やすため、他の組織に対しても様々な命令を発生させる場所と言われています。その命令に関係しているのがFGFと呼ばれるタンパク質。全部で数十種類あるといわれるFGFの中で発毛に関係する因子が幾つか存在します。ミノキシジルは血流の増加とともにこの発毛因子の発生自体も促しているのでは?といわれています。ただし、発毛因子が具体的にどのように発生するのか詳しいメカニズムがはっきりしていない部分もあり、あくまでもひとつの説としてお考えいただければと思います。

濃度が濃いほど効果が高まるというが…

ミノキシジルを語る時、最も目の引く点はその濃度ではないでしょうか?
誰もが直感的にわかるとおり、ミノキシジルの濃度が高ければ高いほど効果は高まると言われています。
リアップでは、当初1%のリアップが販売されていましたが現在ではリアップX5という5%の高濃度のミノキシジルを配合した商品も販売されています。これにより従来効果が現れ始めるのが6ヶ月となっていたものが4ヶ月に短縮されました。

海外ではさらに高濃度の商品が販売されていて中には濃度15%といったものも。
ただしそれだけ副作用のリスクは強力になることはいうまでもありません。そのことを考慮してか、日本では濃度5%のリアップX5が最高濃度として販売されています。

まとめ

  • ミノキシジルは血管を拡張し、血流を増加させる!
  • 頭皮の血行を良くしてあげることが発毛に繋がる!
  • 毛乳頭が発毛の肝!