「リアップって名前は有名だけど実際どんなアイテムなのだろう?」
「使った人は本当に効果があるの?」
「副作用って実際どれくらいあるの?」
「安く買いたいんだけど、どこで買うのがお得?」

そんなギモンをお持ちのあなた、おまかせください。

このサイトでは、大正製薬から発売されている「リアップ」について、 これまでに当サイトに寄せられた57件の口コミ体験談をもとに、実際に効果があるのか?、どんなに人に向いているのか、徹底研究してご紹介します。

特に、リアップには、効く人、効かない人が明確に分かれていること、さらに人によっては副作用が発生することはご存知ですか?

多くの人の体験談を通してわかったメリット、デメリット双方をご紹介しますので、リアップがあなたにとって本当に使える発毛剤かどうか、ぜひご検討ください。

育毛剤とは全然違う「リアップ」シリーズ、とりあえず覚えておきたい2つのポイント

1.育毛剤ではなく「発毛剤」であること

リアップX5プラスの外箱とボトル

ネットで検索したり、ドラックストアを見ても、多数のアイテムがありますが、そのほとんどは、抜け毛を防いだり、髪の毛を育てることはできるけれど、ゼロから髪を生やすことができない「育毛剤」または「養毛剤」と呼ばれるアイテムです。

反面、リアップは、現在髪が生えていない部分でも生やすことができる「発毛剤」と名乗ることが、国から認められています。(つい最近までは日本で唯一の発毛剤でした)

つまり、一見同じように見えていても、他に出回る育毛剤とはその効果の面で雲泥の差があるのです。

2.臨床試験の結果から、発毛効果が国から正式に認められている

リアップX5の長期投与試験臨床データ

では、なぜ国から「発毛剤」とお墨付きを得られたかといえば、実際に薄毛の人を対象に本当に生えるかどうか試験を行い、約1年使用した場合、約7割の人に軽度改善以上の効果があることが実証されているからなのです。

この試験は一般的に「臨床試験」と呼ばれるものですが、実は「ほかの育毛剤」は、公式に認められる臨床試験を行っておらず、実際人体につけての効果がどれくらいあるのか疑わしいのです。

客観的な試験を経て効果を認められている「信頼感」においても、リアップはほかを大きく上回るアイテムであることがおわかり頂けると思います。

では、リアップだけなぜ高い効果を出すことができるのか、それは「ミノキシジル」という成分がすべての鍵を握っているのです。

リアップに含まれる主成分「ミノキシジル」の発毛効果とは?

リアップX5プラスの外箱とボトル

リアップが発毛剤として堂々名乗れる理由は、この「ミノキシジル」が配合されているからにほかなりません。

そもそもミノキシジルは、発毛成分として開発されたわけではなく、もともとは血管拡張剤として開発された経緯があります。

血管が拡張し広がると、血圧は下がりますが、流れる血液量は増大します。

この作用を応用し、ミノキシジルを頭皮に直接塗って流れる血液の量を多くすることで、それまで血液が行き渡らず、弱っていた髪の毛根部分に血液を多く送り込むことによって、発毛させるロジックです。

血液には、髪の成長に必要な栄養成分やタンパク質などが豊富に含まれているので、普段よりもたくさん毛根部分に行き渡らせることで、髪の成長につながるわけです。

この作用は、皮膚科専門医の手によって発表された男性型脱毛症診療ガイドラインでも認められていることで、塗り薬成分として日本で唯一「行うよう強く勧められる」というAランクの評価を得ています。

男性型脱毛症診療ガイドライン

ミノキシジルが具体的にどのような作用をもたらしているかについては、以下のページでくわしく紹介しています。

つまり、リアップはミノキシジルの作用によって成り立っていると考えても差し支えはなく、さらにこの濃度が高いほど、効果もより高まるとされています。

では、実際にリアップを使った人は、どのようにこの効果を感じているのか、検証したいと思います。

実際に使用したユーザー57人に聞いたリアップの効果は?

リアップ徹底研究では、このミノキシジルの濃度がもっと濃い5%の濃度を配合している「リアップX5」「リアップX5プラス」の使用者を対象にアンケートフォームにて体験談を募集し、これまでに合計57件の体験談を応募を頂きました(2018年4月現在)。

リアップX5プラスの長期投与試験のグラフ

57件では数少ないんじゃない…?と思う方もいるかもしれませんが、実はリアップの臨床試験データも合計50人の使用者をベースに作成されているのでサンプル数的には問題ないといえます。

まず、効果についての結果をまとめると以下のようになりました。

  • 効果を実感できている…47件
  • 効果を感じなかった…10件

(※調査:リアップ徹底研究「リアップ口コミ体験談募集フォーム」より応募された内容より集計、調査期間:2013年6月~2018年4月)

57件の口コミデータのうち、割合にして使用者の約82%が効果を感じていました。

先ほど紹介したリアップ公式発表の臨床結果では、約1年使用した場合、約7割の人に軽度改善以上の効果があったを考えると、口コミ体験談の方が効果を感じた人が若干多いことがわかりますね。

では、具体的にどのような効果があったのかについて体験談を一部ご紹介します。

効果を実感できた具体的な口コミ体験談

年代:40代 部位:頭頂部 使用期間:1年以上

2ヶ月目から効果を感じるようになりました。具体的にはそれまで白い地肌が見えていた頭のてっぺんの部分にうっすらとではあるが毛らしきものがちらほら見えてきたこと。

年代:40代
部位:頭頂部/全体 使用期間:2年以上

“リアップを使用し始めるきっかけは、シャワー時の抜け毛の量でした。もともと薄毛家系だったので、このままではまずいとリアップx5の使用を決意したんですね。もともとは頭頂部が500円代に薄毛となっていましたが、今では100円代程度に!改善割合としてはちょうど一回りほど薄毛が改善していると私は実感しています。

年代:30代
部位:頭頂部/全体 使用期間:1年4ヶ月目

“頭頂部が薄毛になっており、特にシャンプーの時など水に濡れると「カッパかな?」と思うような状態になっていました。まだ水に濡れると薄っすらと地肌が見えてしまうのですが、髪の毛1本1本が水でしなりにくくなったとおもいます。水に濡れていない時は髪のボリュームアップ効果により地肌が見えないようになり、とても満足しています”

効果を感じなかった人の口コミ体験談は?

反面、残りの16%の方は効果を感じないと回答しており、その具体的な体験談の内容をご紹介します。

年代:不明
部位:前頂部分け目 使用期間:6ヶ月目

“陰で部下に「すじハゲ」と言われている事に気づき、ここがアウトなんだと自覚をした。あらためて自己分析をすると分け目から地肌が目立つ部分が、縦長の広野の様に広がり、この荒野の広がりを阻止すべきだと思った。 (中略)分け目から広がる薄毛を止める事は出来なかった。”

年代:50代
部位:M字部分 使用期間:2年以上

“オススメしてもらった友人の頭頂部は確かに改善しているように思えるので購入を決意。ただ、わたしが気になっているM字部分については2年間欠かさず使い続けてもさっぱり効果をかんじない”

年代:30代以上
部位:頭頂部 使用期間:3ヶ月目

なにかの雑誌でみたかわすれましたが、きっかけは雑誌の広告です。ぼんやり覚えていて薬局へいったときに再会して購入。毎日2回決められた量を使用しているが、髪の毛に大きな変化はなく、やめようか検討中

ではなぜ、効果がある人とない人に分かれてしまったのか、その理由を考察すると、以下の3つの理由がわかってきました。

リアップの効果が分かれてしまう3つの理由

1.頭頂部の薄毛にしか効かない

ひとことで薄毛と言ってもつむじの部分が薄くなっていたり、生え際が後退しているなど場所が人によってさまざまです。

実は、リアップはどんな薄毛のタイプにでも万能というわけではなく、 外箱や説明書には、効果がある薄毛のパターンとしてこのように示されています。

リアップX5プラスの説明書表記の効能効果

これだけを見ると、効果を想定しているものとして、「頭頂部の髪が薄くなっている」ということになります。

これは、血管がとくに集中するのが頭頂部であり、ミノキシジルが作用する効果を導きやすく、逆に血管の密度が薄いおでこ~生え際のみの薄毛(いわゆるM字型の薄毛)には、例え血流を増大させても発毛効果は少ないと言われています。

実際に、M字、生え際の薄毛タイプの方でリアップを使った方はこのようにコメントされています。

オススメしてもらった友人の頭頂部は確かに改善しているように覚えたが、わたしは2年使ってさっぱり効果をかんじない・・・

1年半継続的に使用していますが、効果の改善はもちろん、維持できているのかもわからない。。

同じように、頭頂部の髪は残っていて、他の部分が薄毛の場合(ちょんまげ型、円形脱毛症など)にも効果はないとされています。

そのため、使用するにあたっては、まず自分の薄毛のタイプが適合するのか見極める必要があります。

2.年齢・性別によって制限がある

リアップの利用者は、主に30代以上の男性の利用がすすめられており、10代~20代の若年性の方には効果の想定はなされていません。

さらに女性の方は、ミノキシジル5%配合のリアップX5、リアップX5プラスは使用できず、あとでご紹介するミノキシジル1%配合のリアップリジェンヌの使用が推奨されています。

今回のアンケートでは、20代の利用はなく、また、年齢別に効果の明確な違いはありませんでしたが、若年層の方で薄毛に悩んでいる場合は、リアップではなく、育毛剤の使用をおすすめします。

3.最低4ヶ月以上の使用で効果が現れるため、使用期間が短いと効果が見えにくい

リアップX5プラス表記の副作用

リアップを使い始める方で見落としがちなのが、「すぐに効果が出るわけではなく、使い続けることでじわりじわりと効果が現れる」ということ。

公式には、1日2回の塗布で最低でも4ヶ月の継続使用を推奨していますし、臨床試験結果では約6ヶ月から1年以上継続使用したうえでの改善効果を公表しています。

そう考えると、1ヶ月程度はもちろん、3ヶ月で効果がないとされても、期間が短すぎて臨床試験でも保証されていない結果です。

今回の口コミ体験談での使用期間の結果を見でも、効果があった、なかった人の使用期間には明確な違いがありました。

効果があった方の使用期間

  • 1~3ヶ月 0件
  • 3~6ヶ月 0件
  • 半年~1年未満 15件
  • 1年~2年未満 23件
  • 2年以上 9件

効果がなかった方の使用期間

  • 1~3ヶ月 3件
  • 3~6ヶ月 2件
  • 半年~1年未満 2件
  • 1年~2年未満 2件
  • 2年以上 1件

47件のうち約半分にあたる23件が1年以上の使用を続けていることから、実際の使用においても、使用期間が長ければ長いほど効果を感じやすいということがわかりますね。

以上のことから、リアップを使う上では、

  • 30代以上であること
  • 自分の薄毛の中心部位が頭頂部であるか
  • 短期間ではなく、最低でも4ヶ月から1年にわたって使用を続ける

この3つが効果を出す上での大きなポイントとなります。

ただし、使い続けていくうえで、もうひとつ超えなければいけない大きな問題が2つあり、まず押さえておきたいのが、高い効果の裏返しにある「副作用」の問題です。

リアップを使って副作用が本当にでる?実際に使った体験談での結果は?

リアップX5プラス表記の副作用

リアップシリーズは、薬局で直接購入できる医薬品のなかで、もっとも副作用リスクが高いとして「第一類医薬品」に指定されており、取扱説明書を見ると以下のような副作用があると書かれています。

循環器系の異常 血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞
皮膚の異常 発疹・かゆみ・かぶれ
神経系の異常 頭痛・めまい・胸痛
代謝系の異常 原因不明の急激な体重増加、手足のむくみ

メーカーからは効果と同様に、副作用になる確率も公表しており、使用者の約8,82%においてなんらかの副作用症状が起こったとされています。

では、口コミ体験談で副作用が発生した方はいるのでしょうか?

57件の口コミ体験談では副作用と具体的な症状の質問もおこなっており、結果は以下のようになりました。

  • 副作用は感じなかった、もしくは回答なし…52件
  • 副作用を感じた…4件

(※調査:リアップ徹底研究「リアップ体験談募集フォーム」より応募された内容よりリアップX5,リアップX5の利用者のみ集計、調査期間:2013年6月~2018年4月)

割合にして、約7%と、公式発表の結果よりも少ない数値となりました。その内容はどのようなものだったのか、原文ママでご紹介いたします。

年代:40代
部位:頭頂部 使用期間:2週間

一日2回つける必要があると説明書に書いてあるが、かゆみがあると仕事に集中できないので、とりあえず慣れるまでは夜だけにして続けてみた。けれどかゆみ、ほてりは全く変わらない。さらさらしている液体なのにつけてみると髪の毛が固まってしまうのも気になった。この辺りの不快な部分がどうしても解消できないので、結局2週間くらいで使用を止めることになった。

年代:40代
部位:全体 使用期間:3週間

3週間ほど前から使用しています。今のところ効果はよくわかりませんが、 使用して1週間ほどで皮膚がかぶれました。もともと皮膚が弱いのでよくあることかなと我慢していましたが、膿が出てきたの使用を断念することにしました。

年代:40代
部位:全体 使用期間:1週間

“頭皮が赤くなってかゆみが発生。最初はぽりぽりと控えめに掻いていたが、かゆいのが我慢できなくなり、ボリボリとかきつづけた結果、頭皮から血がえてきた”

総合すると、頭皮の炎症やかぶれ、かゆみなどの症状があるという内容でした。

公式サイトでは、鼓動が早くなるなどの循環器系や頭痛やめまいなど、重篤な副作用もあると報告していますが、口コミ体験談では、頭皮の炎症やかぶれ、かゆみなど皮膚系の症状ばかりで重い副作用の内容はありませんでした。

これはあくまでも想定ですが、過去に化粧水などを使って肌が荒れたことがある方や、アトピー性の乾燥肌の方など、肌の弱い人が副作用になりやすいという傾向が高いように思われます。

かかりつけの皮膚科がある方は、リアップ使用前に一度先生に相談したほうがいいかと思います。

人によって良し悪しが真っ二つに分かれる毎日の使い心地

リアップシリーズ一覧

そしてもうひとつご紹介したいのが、毎日使い続けていくうえでの使用感です。

リアップX5は毎日2回ずつの塗布を推奨されており、これを最低4ヶ月使い続けていくわけですが、使った時の皮膚の感じ方や、匂いが気になると、使い続けられない理由になる可能性もあるので、使用感が「合う・合わない」というのは、購入前に見逃しがちな非常に重要な項目となります。

口コミを集計してみると、使用感については下記のような結果となりました。

  • 使用感はよかった…21件
  • 使用感はよくなかった…20件
  • 回答なし…16件

使用感がよかったという口コミを見てみると、

  • 塗布したあとに皮膚がジワーッ熱くなる感覚が「マッサージされているみたい」や「効いている感じがする!」と好意的な評価
  • 1回の使用量がしっかりわかるノズルがわかりやすくて使いやすい
  • 気になる頭頂部にダイレクトに液体を当てられている感じがして良い

という意見がみられましたが、反面、使用感がよくないという口コミは大きくわけて2つの意見がありました。

塗布後の使用感が不快

塗布後のじんわりとする使用感ですが、好意的に捉えている人もいる半面、「不快に感じる」や「痛いと感じる」と答えている方も同じくらい存在しました。

また、副作用症状がでたと回答した人は3人中3人とも「塗布後ヒリヒリと痛い」「塗ったところがポカポカとしてとても熱くなり不快」「使用後も不快感を感じる」という意見でした。

肌が弱い人は特に注意をする必要があるといえますね。

アルコールのきつい匂い

リアップには、どのタイプにも添加物として割と高濃度のアルコールが配合されており、使用後には、そのアルコールのきつい匂いが漂います。

「匂いがきつく朝出社前に塗布をして周りの人にばれないか気になった」「朝エレベーターで他の人と一緒になる時、リアップの匂いが気になります。」という回答がありました。

ここまでみると、使用者の約半分の人が、使用時の刺激や匂いについて何らかの不満を持っていることがわかりました。

ただ、使用感については、個人差や感覚によるところが多いため、ここで善悪を断定することはできず、はじめてリアップを試すときは、まとめ買いをせず、続けていけるアイテムのなのか、まずは1本ずつ購入することをおすすめします。

リアップ全商品の違いと、おすすめのアイテムは?

リアップシリーズ一覧

リアップシリーズの発毛剤には、主成分であるミノキシジル濃度と、他の添加物の違いによって現在6種類のアイテムが発売されています。

ミノキシジルの濃度が高いほど、効果は高く、また副作用のリスクも高まります。

あくまでも効果重視の方は「リアップX5プラス」「リアップX5」を、薄毛の程度がまだ軽微で、副作用のリスクが心配…という方は、ミノキシジル濃度1%の「リアップ」「リアッププラス」「リアップジェット」を使うことをおすすめします。

また、女性の方はミノキシジル濃度1%のリアップリジェンヌの使用のみが進められています。

濃度5%のリアップシリーズ

ミノキシジルに頭皮ケア成分を配合したメジャーモデル「リアップX5プラス」(第一類医薬品)

リアップシリーズ一覧

ドラッグストアはじめ、ネット通販でも幅広く購入できるメジャーアイテム。 ミノキシジル以外の成分として頭皮ケアに有効な3つの成分が配合。

  • ピリドキシン塩酸塩
  • トコフェロール酢酸エステル
  • メントール

【定価】7,611円(税込)
【内容量】60mL
【最安価格】6,849~円(税込)/1本(2018年10月当サイト調べ)

ミノキシジルだけを配合して少し価格を安くした通販限定モデル「リアップX5」(第一類医薬品)

リアップシリーズ一覧

リアップX5プラスに入っている頭皮ケア成分を抜いた廉価版モデルが「リアップX5」。ドラッグストアなど店頭では販売されておらず、今のところアマゾン、ケンコーコムなどの一部の大手通販サイトでの限定販売商品となっています。コストをなるべく押さえたい方に。

【定価】6,458円(税抜)
【内容量】60mL

ミノキシジル濃度1%のリアップシリーズ

頭皮環境を整える成分が加わったリアッププラス(第一類医薬品)

リアップシリーズ一覧

ミノキシジルに加え、頭皮の酸化防止や栄養成分をプラスしたアイテム。 ノズル部分などのスペックは5%と同じ。

  • パントテニールエチルエーテル
  • トコフェロール酢酸エステル
  • メントール

【定価】5,658円(税込)
【内容量】60mL

リアッププラスの成分と同じだがジェットノズルになっているリアップジェット(第一類医薬品)

リアップシリーズ一覧

リアッププラスと同じスペックですが、強力なガス噴射力で頭皮に爽快感を与えるジェットノズルが装着されたアイテム。 価格も安くなっています。

  • パントテニールエチルエーテル
  • トコフェロール酢酸エステル
  • メントール

【価格】4,104円(税込)
【内容量】100mL
【最安価格】3,780~円(税込)/1本(2018年10月当サイト調べ)

シリーズ元祖アイテムの「リアップ」

日本で一番最初に発売された元祖的アイテム。頭皮の健康に着目した成分が2種類配合。他と同じ60mL(1ヶ月)タイプに加え、たっぷり2ヶ月分使用できる120mLタイプもあります。

  • プロピレングリコール
  • メントール

【価格】10,260円(税込)(120mL)、5,940円(税込)(60mL)
【内容量】60mL/120mL

女性専用の「リアップリジェンヌ」(第一類医薬品)

リアップシリーズ一覧

シリーズ唯一の女性向けアイテムであり、ミノキシジルに加え、リアッププラスと同じ頭皮ケア成分に、髪をととのえるクエン酸やヒアルロン酸が配合。

  • ピリドキシン塩酸塩
  • トコフェロール酢酸エステル
  • クエン酸
  • ヒアルロン酸Na

【価格】5,658円(税込)
【内容量】60mL
【最安価格】4,588~円(税込)/1本(2018年10月当サイト調べ)

ネット通販を利用すると割安で購入できる場合も

これらのアイテムは、薬局や、ドラッグストアなど店頭のほか、ネット通販でも購入することができます。

ただし、リアップは第一類医薬品に分類されるため、ネット通販で購入する際は、メールやフォーム画面を通じての薬剤師による確認作業が必要で、通常の購入方法と違ってひと手間かかります。

ただし、薬局やドラッグストアなどの店頭で購入する場合と比べて、約10%割引程度の割安な価格になっている場合があります。

リアップ徹底研究では、リアップの主力アイテムの価格情報を随時調べており、割安な価格で販売されているサイト情報を以下のページで定期的に更新していますので、気になる方はぜひご覧ください。

リアップに関するよくある質問

Q.リアップを使い始めると初期脱毛があると聞いたけど、本当?

リアップを使った方の一部には、塗り始めて最速で10日くらい、遅くても2ヶ月くらいの間に抜け毛の量が以前よりも増えることがあります。

「かえって薄毛が悪化したのかも…」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる髪の毛が生えてから抜けるまでの時間があります。

一般的に薄毛の方はこのヘアサイクルが乱れていて、髪が成長する時間が短く、生えない時間が長くなっているといわれています。

リアップを使い始めると、本来のヘアサイクルへ戻そうとする力が強まり、古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛に生え変わるスピードが早くなってきます。

つまり、効果(=発毛)が出るまでの一過程と捉えるべきで、むしろ初期脱毛が起こるほうがリアップが効いているというシグナルにもなり、すぐに使用を止めるべきではなく、そのまま続けてみるほうが良いと考えられています。

ただし、1ヶ月以上も長く続いてしまう場合、別の理由がある可能性があるので、使用を中止し、様子をみることをおすすめします。

Q.リアップを途中でやめるとリバウンドして薄毛になるのですか?

リアップシリーズ一覧

リアップを使って効果が出たから使用をストップすることはよくありません。

なぜなら、リアップは抜け毛の原因そのものを退治するものではなく、症状を抑制し続ける「対症療法」であるからです。

つまり使っている間は、ミノキシジルの血管拡張作用により、髪に栄養が送られ続け、成長を促しますが、使用を止めると、その栄養補給が途絶えてしまい、また髪の成長はストップしてしまいます。

やめたから、症状がより進行することはないですが、発毛効果も長続きしないということを覚えておきましょう。

Q.効果をより高める使い方はあるのですか?

リアップシリーズ一覧

定められた用法、容量(1日2回、1mlずつ塗布)をしっかり守ることはもちろんですが、 説明書や、メーカーに問い合わせたところ、以下の3つの使い方を守ることで、液体が頭皮に十分浸透し、ミノキシジルの効果をより高めることができることがわかりました。

  • トントンと1~2cmづつずらして気になるところに集中して使用する
  • 頭皮へのマッサージはリアップ塗布前に行う
  • リアップを塗布するベストタイミングは入浴後しっかりと乾かしてから使用する

よりくわしい方法は以下のページで解説しています。

Q.同じ医薬品でプロペシアというのがあるのですが、なにが違うのですか?

プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)の特効薬として開発された医薬品で、フィナステリドという成分が薄毛の原因物質である酵素「5a-リダクターゼ」の活動をを抑制し、髪を正常な成長サイクルに導く効果があります。 ただし、リアップとは以下の違いがあります。

  • 原則、医師の処方箋が必要で、診察を受けた上で病院や調剤薬局でのみ入手可能になっています。薬局やネット通販で買うことはできません。
  • 内服薬であり、1日1錠決まった時間に飲む必要があります。
  • 性欲減退などの副作用があります

また、リアップと同じ、一度使い始めて効果を持続させるには飲み続ける必要があり、薬の処方のため病院への通院が定期的に必要になります。 日々の利便性の面では手に入りやすいリアップのほうが優れているといえます。

【まとめ】トータルバランスを考えてリアップの使用を考えよう

リアップX5プラスのボトル

いかがでしょうか?
リアップは、その効果において、公式データ、そして口コミ体験談ともに高い評価をうけている発毛剤であることは間違いありません。

とはいえ、すべての人に効果があるわけではなく、効果がでるためには以下のハードルをクリアしないといけません。

  • 30代以上の方にしか効かない
  • 頭頂部の薄毛に大きな効果があるが、それ以外の部位には未知数
  • かゆみ、ほてりなど、一定数に副作用が起こる確率がある

といった使用を断念せざるを得ないハードルも存在します。

また、副作用も一定程度の割合で発生し、さらに日々の使い心地においても個人差がはっきり分かれるため、実際に使ってみなければそのリスクを完全に拭い切ることはできません。

では、頭頂部以外のおでこなどの生え際の薄毛に悩んでいる人、年齢層が30代未満の若い方や副作用のリスクが心配な方などはリアップではなく、どのような対策をしていけばよいのでしょうか?

自分の症状、年齢に合わせて副作用やコストが安い育毛剤も入れる選択

リアップX5シリーズと通販育毛剤

こういった場合、使用する薄毛の部位を選ばず、副作用の心配がなく、ランニングコストも安い医薬部外品の育毛剤も候補にしてはいかがでしょうか?

医薬部外品の育毛剤は現在数えただけで60数種類以上発売されており、価格も安いものから高いものまでさまざまです。

思わずどれを選んでいいのか迷ってしまうのですが、選ぶにあたって特に重視したいのが、リアップのミノキシジル同様その育毛剤にしか入っていない「独自成分」が配合されているかどうかです。

リアップ以外のアイテムは、効果が緩やかな成分しか配合されない「医薬部外品」なので、今ある髪を強くさせる「育毛剤」までの表現しか許されていません。

また、その配合成分も、実は多くの育毛剤では同じ成分を配合していることが多く、値段は違っても中身は似たり寄ったりということもあります。

しかし、一部の育毛剤では、独自に開発した成分を配合し、臨床試験ほどではないもののエビデンス(効果に対する根拠)を掲載して他の育毛剤との差別化を図っているアイテムも存在します。

さらに「全額返金保証制度」を導入しているかも選ぶ大きな要素になるでしょう。
例え使用中でも一定期間中に満足できなければ返品できるので、まず使用感などを気軽に試すことができるのがが特徴です。

以下では、そんな数ある育毛剤の中でも独自成分を配合し、ある程度効果に対する根拠を持った特徴的な育毛剤をピックアップしてみました。

リアップが万能ではない以上、効果だけをクローズアップするのではなく、自分の薄毛の状況やコストパフォーマンスなどのバランスで選んでみることが重要だと思います。

ポリピュアEX

医薬部外品

4つの有効成分+独自成分バイオポリリン酸による強力な育毛効果で450万本以上の売上を誇る育毛剤。アレルギーテストをクリアし、副作用の心配が少ない。

プランテル

プランテル

医薬部外品

リアップでは効果がないM字型薄毛に対応。有効成分セファランチンによる血流促進作用と原因物質の抑制を行う独自処方の育毛剤

BUBKA-ZERO

医薬部外品

M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界毛髪会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。