薄毛をなんとかしようと考えている方で、取り組むことで多いのが、育毛剤を使うことではないでしょうか?

しかし、いろいろな育毛剤を検索していると、その中に「発毛剤」という商品も見ることがあると思います。

育毛剤と発毛剤では何が違って、たくさんある発毛剤からどれを選べばいいのかわからない…??

そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そこでこのページでは、

  • リアップをはじめとした発毛剤と育毛剤の違い
  • ユーザーアンケートで得られた発毛剤「リアップ」の効果や副作用の調査結果
  • 薄毛・育毛に関する各種論文データ

これらの情報をもとに、育毛剤と発毛剤の違いや効果、現在発売されている15種類以上の発毛剤の中で、あなたのニーズにあわせたオススメの発毛剤をご紹介いたします。

発毛剤徹底研究とは?

2012年からユーザー有志によって発毛剤に関する様々な情報をお届けしているサイトです。薄毛に悩んでいる方にとって発毛剤が本当に使えるアイテムなのか、利用者の立場からできるだけバイアスをかけずに率直にご紹介しています。
運営者に関するくわしい情報
twitterもぜひフォローしてください

リアップX5プラスネオ最速レポート

発毛剤と育毛剤の違いを3つのポイントで比較

リアップX5プラスの外箱とボトル

発毛剤をひとことで表現すると「今現在髪が生えていないところに髪を生やす」です。

しかし、これだけでは育毛剤とほとんど違いがないように見えますね。

そこで、一体何が違うのか、わかりやすい3つのポイントについて解説してみます。

発毛剤には発毛成分「ミノキシジル」が配合されている

最もわかりやすい違いは配合されている成分です。

リアップをはじめとする発毛剤と呼ばれるアイテムには、必ず「ミノキシジル」という成分が配合されています。

反対に「ミノキシジル」が配合されていないアイテムは、発毛剤ではなく、育毛剤であると言い換えることもできるでしょう。

ミノキシジルはどのような成分かといえば、

  • 血管を拡張させ、血流を良くする効果
  • 髪の毛根部分に血液を多く送り込むことによって髪の成長を活性化させる

などの作用があります。

血液中には、髪の成長に必要なタンパク質やアミノ酸などが豊富に含まれているので、普段よりもたくさん毛根部分に行き渡らせることで、髪の成長につながるわけです。

ミノキシジルが具体的にどのような作用をもたらしているかについて気になる方は以下のページをご覧ください。

育毛剤とは期待できる効果がちがう

このミノキシジルの作用により、発毛剤と育毛剤には、期待できる効果に大きな違いがあります。

発毛剤

  • 薄毛になっている箇所に新たに髪を生やす
  • 今生えている髪の毛を太く、強くする効果

育毛剤(医薬部外品の場合)

  • 今生えている髪の毛を太く育てる効果
  • 抜け毛を防ぐ効果
  • 頭皮を清潔に保つ効果

同じように見えても、育毛剤があくまで今ある髪の毛にしか効果がないのに対して、発毛剤は新たに髪の毛を生やす「発毛効果」があるため、薄毛解消の対策としては強いものがあります。

発毛効果が国に公式に認められている

リアップX5プラスの長期投与試験のグラフ
さらに発毛剤の発毛効果が厚生労働省によって認められています。

発毛剤は「医薬品」として本当に効果があるのか、発売前に「臨床試験」と呼ばれるテストを行っています。

そして、実際の効果を統計データとして国に提出し、認証されることが必要となっています。

発毛剤の場合、実際に薄毛になっている人を対象に本当に発毛効果があるのか試験を行っています。 その結果、

  • 6ヶ月以内…約80%の人
  • 1年以内…約90%の人

になんらかの改善効果があることが実証されています。

反対に、「育毛剤」では商品ごとに臨床試験を行っておらず、実際に使ったあとの効果がどれくらいあるのか、公的なデータは存在しません。

効果が客観的に評価されている「信頼感」においても、発毛剤は育毛剤を大きく上回っています。

実際に発毛効果があるのか、日本初の発毛剤「リアップ」の口コミ内容をリサーチ

リアップ体験談のまとめシート

では、この発毛効果を実際にユーザーが実感できているのでしょうか?

当サイトでは、2013年より日本初の発毛剤「リアップ」を利用した方を対象に口コミ情報の収集を行ってきました。

足掛け4年となりましたが、これまでに全部で57件の体験談を応募をいただくことができました(2018年4月現在)。

リアップを利用して効果を実感したかについて、質問を行うと以下のような結果に。

  • 効果を実感できている…47件
  • 効果を感じなかった…10件

(※調査期間:2013年6月~2018年4月)

57件のうち、割合にして実に使用者の約82%が効果を感じていて、臨床試験結果よりも効果を感じた人が若干多いことがわかりますね。

具体的にどのような効果があったのかについて体験談を一部ご紹介します。

年代:40代 部位:頭頂部 使用期間:1年以上

2ヶ月目から効果を感じるようになりました。具体的にはそれまで白い地肌が見えていた頭のてっぺんの部分にうっすらとではあるが毛らしきものがちらほら見えてきたこと。

年代:40代
部位:頭頂部/全体 使用期間:2年以上

“リアップを使用し始めるきっかけは、シャワー時の抜け毛の量でした。もともと薄毛家系だったので、このままではまずいとリアップx5の使用を決意したんですね。もともとは頭頂部が500円代に薄毛となっていましたが、今では100円代程度に!改善割合としてはちょうど一回りほど薄毛が改善していると私は実感しています。

年代:30代
部位:頭頂部/全体 使用期間:1年4ヶ月目

“頭頂部が薄毛になっており、特にシャンプーの時など水に濡れると「カッパかな?」と思うような状態になっていました。まだ水に濡れると薄っすらと地肌が見えてしまうのですが、髪の毛1本1本が水でしなりにくくなったとおもいます。水に濡れていない時は髪のボリュームアップ効果により地肌が見えないようになり、とても満足しています”

このように、発毛剤は育毛剤と比較すると、強い効果もあって、しかも信頼性も高いことがおわかりいただけると思います。

ただし、良いことばかりだけではなくデメリットもあるのが発毛剤の特徴です。

次にご紹介するデメリットも理解して発毛剤を使うことで、より安心して薄毛への対策に取り組むことができると思います。

発毛剤には8.82%の副作用が報告されている

発毛剤は、薬局で直接購入できる医薬品のなかで、もっとも副作用リスクが高い「第一類医薬品」に指定されています。

発毛剤の取扱説明書を見ると、共通して以下のような副作用があると書かれています。

リアップX5プラス表記の副作用
循環器系 血圧低下・心拍数の増加・心筋梗塞
皮膚 発疹・かゆみ・かぶれ
神経系 頭痛・めまい・胸痛
代謝系 急激な体重増加、手足のむくみ

育毛剤の副作用は、この中の皮膚の発疹・かゆみ・かぶれのみにとどまることから、副作用になる範囲は発毛剤のほうが広いといえるでしょう。

ただ、実際に起こる確率はとても高いものではありません。

厚生労働省が大正製薬の「リアップX5」を対象に、薬局などのモニター店舗でアンケート調査を行ったデータを確認してみると、

  • 全症例数…3,072例
  • 副作用…271例
  • 副作用発現率 8.82%

およそ1割弱の方に副作用の症状が見られ、中でも発疹・かゆみ・かぶれが多くでやすい副作用であると報告されています。

また、当サイトに寄せられた口コミ体験談においても、

  • 副作用は感じなかった、もしくは回答なし…52件
  • 副作用を感じた…4件

割合にして、約7%程度となり、その内容も頭皮の炎症やかぶれ、かゆみなど皮膚系の症状ばかりで重い副作用の内容はありませんでした。

年代:40代
部位:頭頂部 使用期間:2週間

一日2回つける必要があると説明書に書いてあるが、かゆみがあると仕事に集中できないので、とりあえず慣れるまでは夜だけにして続けてみた。けれどかゆみ、ほてりは全く変わらない。さらさらしている液体なのにつけてみると髪の毛が固まってしまうのも気になった。この辺りの不快な部分がどうしても解消できないので、結局2週間くらいで使用を止めることになった。

年代:40代
部位:全体 使用期間:3週間

3週間ほど前から使用しています。今のところ効果はよくわかりませんが、 使用して1週間ほどで皮膚がかぶれました。もともと皮膚が弱いのでよくあることかなと我慢していましたが、膿が出てきたの使用を断念することにしました。

年代:40代
部位:全体 使用期間:1週間

“頭皮が赤くなってかゆみが発生。最初はぽりぽりと控えめに掻いていたが、かゆいのが我慢できなくなり、ボリボリとかきつづけた結果、頭皮から血がえてきた”

このように、副作用については一定程度のリスクはあります。

万が一、かゆみやほてり、むくみや炎症などの副作用症状を少しでも感じた場合は、すぐに皮膚科、あるいは発毛剤を購入した薬局にいる薬剤師さん(店員さんではわかりません)に相談しましょう。

頭頂部の薄毛にしか効かない

発毛剤はどんな薄毛のタイプにでも効果があるとは限りません。

発毛剤の説明書には、必ず効果がある薄毛のパターンとしてこのように示されています。

リアップX5プラス表記の副作用

特に「頭頂部の髪が薄くなっている」人に効果的とわかりますね。

これは、血管が特に集中するのが頭頂部であり、血管を拡張するミノキシジルが作用する効果を導きやすいからです。

逆に、血管の密度が薄いおでこ~生え際のみの薄毛(いわゆるM字型の薄毛)には、血流を増大させても発毛効果は少ないと言われています。

同じように、頭頂部の髪は残っていて、他の部分が薄毛の場合(ちょんまげ型、円形脱毛症など)にも効果はないとされています。

そのため、発毛剤を使用する前は、自分の薄毛の状態と見比べて使用する必要があります。

年齢・性別によって制限がある

発毛剤は、未成年者と65歳以上の使用は推奨されていません。

さらに女性の方は、基本的に発毛剤は使用できず、現時点では女性専用発毛剤「リアップリジェンヌ」の使用が推奨されています。

ここまでみたとおり、発毛剤は、誰でも使えるアイテムではありません。

  • おでこの生え際を中心とした薄毛である
  • 年齢が10代未満 or 65歳以上である
  • 副作用になるリスクを許容できない
  • 頭皮のかゆみかぶれなどになることが苦手

これらにあてはまる場合は、発毛剤ではなく、育毛剤の使用をおすすめします。

気になる方は、「効果のあるおすすめ育毛剤」をご覧ください。

では次に、発毛剤ごとに見分けるポイントについてご紹介します。

たくさん出ている市販発毛剤の違いはいったいなに?どれを選べば良い?

リアップシリーズ一覧

ドラッグストアやネット通販などで市販されている発毛剤は、元祖「リアップ」をはじめ、ジェネリック発毛剤を含めると合計で15種類が発売されています。(2020年3月現在)

どの発毛剤にも発毛成分「ミノキシジル」が共通して配合されているため、発毛効果や副作用の確率は変わりません。

商品ごとの違いとしては、

  • ミノキシジルの濃度
  • 価格
  • ノズルの形状
  • 薬液の使用感(におい、粘度など)

があります。

1.ミノキシジルの濃度

現在発売されている発毛剤は、発毛成分「ミノキシジル」の濃度が1%と5%の2つの種類が発売されています。

ミノキシジル濃度5%

男性専用で、ほとんどの発毛剤があてはまる、事実上の標準仕様。

発毛効果も高くなりますが、副作用のリスクも高くなります。

ミノキシジル濃度1%の発毛剤

男女両方に使用ができ、副作用のリスクは少ないですが、リアップシリーズのみが発売されています。

普通に効果を出すために使うのであれば濃度5%のアイテムから選択すればかまいません。

価格

同じ効果、内容量でもブランドによって最大4,000円以上の価格差があります。

価格差があるからといって、ミノキシジルの濃度が同じであれば発毛効果にまったく違いはありません。

とにかく安く、発毛したい方は安い価格の発毛剤を選ぶことがおすすめです。

ノズルの形

リアップX5プラス

価格の違い以外には、発毛剤の容器にあるノズルの違いによって塗り心地や使いやすさが変わる場合があります。

大きく分けて3つのタイプが存在します。

1.リアップタイプ

リアップX5プラス、リアップX5のみのオリジナルノズル。

2.ラバーノズルタイプ

スカルプDメディカルミノキ5、リグロEX5、FCI共通のノズル。

3.手動ノズルタイプ

上記以外の発毛剤すべての共通ノズル

価格が安い発毛剤は、すべて手動ノズルタイプです。

気にならない方はかまいませんが、塗り心地を重視するのであれば、リアップタイプかラバーノズルタイプを選ぶことがおすすめです。

薬液のにおい、発毛サポート成分

発毛剤ごとに、薬液のにおいや塗った後の頭皮のほてり感などが異なります。

これは、ミノキシジル以外に含まれる発毛サポート成分や添加物の配合の違いによって変わります。

細かいこだわりになりますが、価格の安い発毛剤の場合、薬液の匂いが強く、塗った後にぴりぴりとした感じのほてりがあることが特徴です。(個人差があります)

気にならない方は安い発毛剤一択でかまいませんが、毎日の塗り心地を良いものを選ぶのであれば、薬液の違いにもこだわったほうがよいでしょう。

これら4つの違いを踏まえて、「トータルバランス」「価格が安い」「使い心地が良い」 のポイントでそれぞれオススメの発毛剤の選び方についてご紹介します。

どれを選べば迷っているならトータルバランスが優れているリアップシリーズを選ぼう

リアップX5プラスのボトル

大正製薬から発売されている「リアップシリーズ」は、すべての発毛剤の元祖と呼ぶべきアイテム。

発毛成分ミノキシジルの特許を保有しており、その期限が切れる2018年まで「日本で唯一の発毛剤」として販売されていました。

フラッグシップアイテム「リアップX5プラスネオ」を筆頭に、副作用の少ないミノキシジル1%のリアップや女性にも使える「リアップリジェンヌ」から関連のシャンプーまで、ユーザーのニーズにあわせて多数のシリーズアイテムを発売していることが特徴です。

リアップシリーズ一覧

中でも特に人気なのが、ミノキシジル濃度が5%配合に加え6種類の頭皮サポート成分も含まれた「リアップX5プラスネオ」。

圧倒的なブランドの信頼感や知名度、安定の使い心地が特徴です。

どれを選べばいいのか迷っていたらまずはこれを使ってみましょう。

  • ミノキシジル5%+頭皮サポート成分配合
    最も強い発毛効果があるCM宣伝モデル

    リアップX5プラスネオ
    価格:7,811円

  • ミノキシジル5%のみ配合
    X5プラスの廉価版モデル(販売サイト限定)

    リアップX5
    価格:6,578円

  • ミノキシジル1%+発毛サポート成分配合
    副作用が少なく、爽快感を求める人に。

    リアップジェット
    価格:4,104円

  • ミノキシジル1%配合
    女性専用のリアップ

    リアップリジェンヌ
    価格:4,104円

  • ミノキシジル1%+発毛サポート成分配合
    リアップX5とボトルは同じ

    リアッププラス
    価格:4,461円

とにかく価格が安い発毛剤を選ぶなら3000円台から買えるミノグロウ系発毛剤を選ぼう

リアップX5シリーズと通販育毛剤

使い心地などを気にせず、とにかく値段の安い発毛剤を選ぶなら、いわゆる「ミノグロウ系」発毛剤を選ぶのがおすすめです。

先ほどご紹介した手動ノズルタイプの発毛剤となり、このタイプでは「ミノグロウ」というブランドが最初に発売されたことから、発毛剤徹底研究会では「ミノグロウ系」と便宜的に名前をつけています。

最安価格帯は3,464円~と、リアップX5と比べて4,000円程度の価格差があり、発毛効果は同じです。

とにかくコスパを重視したい方のために、特に安く販売されている発毛剤をご紹介します。

  • ジェネリックでは日本最初の発毛剤

    ミノグロウ(大興製薬)
    最安価格:3,464円(送料無料)

  • 医薬品OEMメーカーの発毛剤

    ミノケア(廣昌堂)
    最安価格:3,580円 (送料無料)

  • 有名メーカーコーワの発毛剤

    リザレックコーワ(興和新薬)
    最安価格:3,980円

ミノグロウ系発毛剤は、名前やパッケージは違いますが、それ以外の配合成分、ボトルの形などはすべて同じです。(おそらく原薬の製造元が同じであると推測されます)

  • リアップX5プラスのように発毛サポート成分は配合されていない
  • 手動ノズルタイプで、使い勝手が若干悪い
  • 薬液の匂いが強く、ぴりぴりとした感じのほてりがある

といった使い心地の面でデメリットがあります。

毎日の使い心地にもこだわって使用したい方は以下の発毛剤がおすすめです。

使い心地にこだわるなら有名メーカー発売の発毛剤がおすすめ

リアップX5シリーズと通販育毛剤

薬液のほてりの少なさ、ノズルの使いやすさなど、普段の使い心地を重視するのであれば、次の2つの発毛剤がオススメです。

価格帯としては、リアップとほぼ同価格ながらも、発毛剤徹底研究会が実際に使ってみたところ、

  • 円状のラバーノズルで塗り広げがしやすい
  • ほてりが少なめで、塗ったときの刺激の少なさにこだわっている
  • 誰もが知っている有名メーカーが発売で安心感が高い

といった特徴があります。

  • グリセリン配合で頭皮にやさしい

    スカルプDメディカルミノキ5(アンファー)
    価格:7,700円

  • 独自処方でほてり感が苦手な方も

    リグロEX5(ロート製薬)
    価格:7,700円

リアップ以外で現在発売されているすべてのジェネリック発毛剤のスペックや価格について以下のページで紹介していますので、気になる方はご覧ください。

ジェネリック発毛剤総まとめ

副作用やコストが安い医薬部外品も入れる選択

リアップX5シリーズと通販育毛剤
  • 発毛剤の副作用リスクが気になってしまう…
  • 発毛効果は強くなくてもよい
  • まずは予防からはじめたい

このような方は、医薬部外品の育毛剤も候補にしてはいかがでしょうか?

発毛剤徹底研究会では、世の中に数多く出回っている育毛剤の中から

  • メーカー独自で開発された「独自の育毛成分」が配合されている
  • 販売実績、ユーザーへの知名度が高い
  • 副作用に対する独自の対策ができている
  • 効果がなければ返品ができる「全額返金保証制度」を導入している

この4つのポイントでおすすめできる育毛剤をピックアップしてみました。

ブブカゼロ

医薬部外品

M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

ポリピュアEX

医薬部外品

特許成分バイオポリリン酸とバイオパップスによって発毛促進。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。価格が安い

プランテル

プランテル

医薬部外品

セファランチンによる血流促進作用。リアップが不得意なM字型薄毛専門の育毛剤

プランテル

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし

発毛剤でありがちな疑問を解決

発毛剤はすぐ使えば効果はあるのですか?

発毛剤は「すぐに効果が出るわけではなく、使い続けることでじわじわと効果が現れます。

具体的には、どの発毛剤をみても、1日2回の塗布で4ヶ月-6ヶ月の継続使用を推奨しています。

リアップのメーカーである大正製薬が発表している臨床試験結果をみても、使用期間が短ければ短いほど効果を実感している人は少なくなっています。

  • 1ヶ月継続使用:約5%
  • 2ヶ月継続使用:約16%
  • 3ヶ月継続使用:約43%
  • 4ヶ月継続使用:約70%
  • 6ヶ月継続使用:約80%

上記から、発毛剤を使用する際は、最低でも4ヶ月以上を使いつづけることを理解して使い続けましょう。

このように、発毛剤を使用する上では、

  • 自分の薄毛の中心部位が頭頂部である
  • 20代-65歳までの年齢である
  • 4ヶ月以上使用し続ける

この3つが、発毛剤を使用して効果を表す上で大きなポイントになります。

発毛剤でも効果が出ないことはあるのですか?

発毛剤は、つむじあたりの頭頂部薄毛にしか効果が保証されていません。

生え際薄毛で悩んでいる人には、発毛剤でも効果が出ないのでお気をつけください。

また、臨床試験結果をみると、6ヶ月使用しても約20%の人は改善効果が感じられない場合もあるようです。

実際に発毛剤徹底研究会の有志の中でリアップを使用した方でも、

といった意見があります。

決して万能なアイテムではなく、やはり個人差があることを理解しておきましょう。

発毛剤は効果がでたらすぐやめてもいいのですか?

効果を維持するためには継続使用することが必要です。

発毛剤に配合されているミノキシジルは、血管を一時的に拡張することで、発毛効果が期待できます。

しかし、原因を取り除くものではありません。

使用を中止すると徐々に元に戻るため(リバウンド)、効果が出ても継続使用することをおすすめします。

発毛剤ではなく、育毛剤を使ったほうがいい場合はありますか?

発毛剤は発毛効果が臨床試験によって認められていますが、頭頂部にしか効果がありません。

ですので、生え際薄毛に悩んでいる方は、育毛剤を使った方がいいでしょう。

また、発毛剤は未成年と65歳以上の高齢者の方の使用は禁止されているため、それらの方も薄毛で悩んでいる場合は、育毛剤の使用をおすすめします。

あとは育毛剤よりも刺激が強く低確率ではありますが、副作用になる可能性もあります。

肌が弱く炎症などを起こしやすい、副作用リスクを許容できない方は、育毛剤を使った方がよいですね。

まとめ

発毛剤は発毛効果が臨床試験結果によって認められており、使える人が正しく使うことで、薄毛対策の力強いパートナーになることがわかりました。

ただし、一方でそもそも使えない方がいたり、副作用の可能性があったり、万能ではありません。

  • おでこの生え際を中心とした薄毛である
  • 年齢が10代未満 or 65歳以上である
  • 副作用になるリスクを許容できない
  • 頭皮のかゆみかぶれなどになることが苦手

これらにあてはまる場合は、発毛剤ではなく、育毛剤の使用をおすすめします。

また、同じ発毛剤でもリアップシリーズはもちろん、ジェネリックのアイテムも多数発売されています。

この中から

  • ミノキシジルの濃度
  • 価格
  • ノズルの形状
  • 薬液の使用感(におい、粘度など)

自分の基準にあった発毛剤を選んでみるのがよいと思います。

発毛剤体験談募集中