リアップの効果とデメリットまとめ

効果

発毛効果が公的に認められている

リアップの最大のメリットは、「発毛効果が医薬品として公的に認められている」ということです。日本においては一般用医薬品として承認番号(22100APX00106000)が得られていますし、薬効分類においても、87267の髪用剤(発毛剤,脱毛剤,染毛剤,養毛剤)として区分されています。

また、日本に先行してアメリカで医薬品として承認されたアメリカ食品医薬品局(FDA)においても、壮年性脱毛症に対して発毛効果が認められているとされています。

リアップは、髪をゼロから増やすことができる「発毛剤」であり、今ある髪の毛を育てる「育毛剤」とは名前も効果も違うということも覚えておきましょう。

とくに壮年性脱毛症に高い効果

リアップの対象となる壮年性脱毛症

血流を促進することによって発毛効果が期待できる脱毛症(壮年性脱毛症)には高い効果が得られることが保証されていて、6ヶ月使用した場合は約7割の人に軽度改善以上の効果があるとメーカーでは発表されています。

説明書においても右の画像のようなパターンの薄毛に効果があるとはっきり書かれています。

これは、血管がとくに集中する頭頂部に対する効果がとくに強いということを表しています。

使用する前にはまず、自分の薄毛の症状がどのような状態か、確認してから購入するようにしましょう。

だれでも購入できる

リアップの対象となる壮年性脱毛症

「だれでも購入できる」というのも実用的なメリットです。リアップが一般用医薬品のリスク区分である第一類医薬品に分類されている以上、病院で医師の処方箋を必要としないので、誰でもすぐに購入することができます。

ただし、購入にあたっては、店頭の場合はそのままレジに持っていくわけではなく、薬剤師を必ず介することが必要です。

最近では、大正製薬が発行する「セルフチェックシート」が店頭に設置されており、チェック項目をあらかじめチェックし、薬剤師に渡すことでより簡易に購入できるような配慮がされています。

通販の場合は、購入前に販売店から「問診」にあたるチェックを受け、所定の注意事項を確認する必要があります。

その一般的な方法は、注文後購入店舗よりメールがきて、そのメールに返信し店舗にいる薬剤師さんから返答によって購入確定の形になり、普通の購入よりも少し一手間かかりますね。



デメリット

頭頂部が薄毛になっている前提で、M字型、円形脱毛症といった薄毛症状には効かない。

上述のリアップのパッケージの図解にある通り、リアップの効果を想定しているものとして、「頭頂部の髪が薄くなっている」ということが挙げられます。

頭頂部が薄くなっていて、かつ生え際も同時に薄くなっていたりしていた場合は効果が見込めますが、逆に生え際のみの薄毛(いわゆるM字型のハゲ)には効果が見込めません。

これは、リアップを医薬品として認定するときの臨床試験において、M字型の人に投与しても発毛効果は得られなかったのがその理由です。

同じように、頭頂部の髪は残っていて、他の部分が薄毛の場合(ちょんまげ型、円形脱毛症など)も リアップが想定している発毛効果は見込めないとされています。

それゆえに、リアップを使用する前には、自分の薄毛の形がどのようになっているかを調べることは非常に重要です。まず頭頂部が薄くなっているか?ということを中心に、自分の頭をよく観察してみましょう。

年齢・性別によって制限がある

リアップの効果を証明している「壮年性脱毛症」は、主に30代以上の男性を想定しており、10代~20代の若年性の方には効果の想定はなされていません。

さらに女性の方は、ミノキシジル5%配合のリアップX5プラスは使用できず、ミノキシジル1%配合のリアップリジェンヌの使用が推奨されています。

継続使用が前提でやめるとリバウンドが起こる

リアップの効果が現れ始めるのは、使用から4ヶ月くらいからとメーカーでは定めていて即効性があるものではありません。

ミノキシジルの濃度が少ないリアップジェットはさらに長くなって6ヶ月となっており、どちらも、目に見える効果を期待するにはそれなりの時間がかかることを覚悟で取り組む必要があります。

またリアップは脱毛症の原因を根本から直すものではなく、あくまで対症療法として位置づけられています。

ですので途中でやめた場合、リバウンドといって元の毛髪量に戻ってしまう可能性があり、一度リアップを使い始めた以上、効果をイシジするためには使い続けなくてはいけません。

一定程度存在する副作用のリスク

副作用の詳細についてはこちらに記していますが、リアップX5の副作用発現率については、平成25年の厚生労働省での調査報告において、8.82%の発現率があることが報告されています。

その多くは頭皮での発疹、かゆみ、ほてりなどです。

ある程度の効果があるからこそ、ついついおろそかになりがちですが、常に軽微なものからも含めて副作用が発症するかもしれない、ということを頭に入れておく方が良いでしょう。

副作用に対して有効的な打開策が存在しない以上、意識し続ける、ということが私たちにできる唯一の方策なのです。

他の育毛剤と比較してみると…

それでは、他の育毛剤と比べて、リアップのメリット・デメリットはどれくらい違いがあるのでしょうか?以下にリアップと主要な育毛剤について効果や副作用、コストの面で比較してみました。

特許成分バイオポリリン酸配合のポリピュアEXは、発毛因子タンパク質を促進し、価格もリーズナブルとバランス良い育毛剤

ネット通販の育毛剤で、350万本以上(2017年メーカー発表)の販売実績があるポリピュアEX。医薬部外品のため、効果はリアップよりも緩やかですが、独自開発成分「バイオポリリン酸」は、体内にある発毛因子タンパク質「FGF」を数種類活性化する働きがあり、血流促進作用によって細胞やタンパク質の合成を促進するリアップとメカニズム的には似たような働きを示します。

アルコール濃度を低く抑えているため、副作用の可能性も低く、約2ヶ月分で7,800円(定期購入)、45日間全額返金保証ありとランニングコストもリアップより低くなっています。

商品名 主成分 効果の
信用性
副作用 コスト 返金保証
リアップX5 ミノキシジル
(医薬品成分)
× 7,400円
(約1ヶ月分)
×
ポリピュアEX バイオポリリン酸
(特許成分)
7,800円
(約2ヶ月分)
45日間

特許成分ガゴメ昆布フコイダン配合のLPLPは、コスパを重視するなら一目置きたい育毛剤

ポリピュアと同じく特許成分「ガゴメ昆布フコイダン」配合のLPLPは、発毛因子タンパク質「FGF-7」を450%活性化させる働きがあり、ポリピュアほどタンパク質を活性化させることはありませんが、他にも複数の有効成分を同時配合し、独自性の高い育毛剤です。

また、コストパフォーマンスが高いことが魅力的。1本で2ヶ月分使用が可能に加え、初回購入の場合は980円、2回目以降も6,372円とリアップのほぼ半分のコストで取り組むことができます。ややアルコールの香りが強いことが特徴ですが、副作用の心配も低めです。

商品名 主成分 効果の
信用性
副作用 コスト 返金保証
リアップX5 ミノキシジル
(医薬品成分)
× 7,400円
(約1ヶ月分)
×
LPLP ガゴメ昆布フコイダン
(特許成分)
980円
(初回)
6,372円
(2回目以降)
10日間

副作用を徹底的に抑えるならの無添加・ノンアルコール処方のM-1育毛ミスト

育毛したいけど、肌が弱いからかゆみやかぶれが心配だからリアップが使えない…という方には、M-1育毛ミストがおすすめです。

肌のほてりや赤みの原因となり、リアップにも含まれているアルコールを全く使わないノンアルコール処方に加え、着色料、保存料といった肌に影響を与えやすい添加物も無配合で徹底的に副作用を起こさないスペックになっています。

主成分は別府温泉の温泉水ベースの「加水分解酵母エキス」。発毛シグナルを300%アップさせるマイクロセンサー理論が、毛髪再生の研究者の会議で高い評価を受けています。お試ししやすい30日間全額返金保証制度もあり、とにかく副作用が気になる方にはオススメの育毛剤と言えるでしょう。

商品名 主成分 効果の
信用性
副作用 コスト 返金保証
リアップX5 ミノキシジル
(医薬品成分)
× 7,400円
(約1ヶ月分)
×
M-1育毛ミスト 加水分解酵母エキス 9,800円
(約2ヶ月分)
45日間

まず、効果の信用性については、リアップX5が抜群です。日本で唯一発毛できる医薬品成分として認められていることは他の育毛剤にはありません。

ポリピュア、LPLPも特許成分として認められてはいるものの、人体を使っての臨床試験は行われていないことから効果の具体性についてはリアップより一歩劣ると言わざるを得ません。

反面、他の育毛剤は医薬部外品に区分されており、効果が緩やかな分、副作用についてはほとんど発生しないといっても過言ではありません。

とくにM-1育毛ミストは、ノンアルコール処方であり、成分由来の副作用だけはなく、アルコール由来の副作用においてもリスクを心配することはありません。

コストについては、どの育毛剤も、リアップとほぼ同程度の価格帯ながら約2ヶ月使用可能で、1ヶ月分のリアップと比べて総じて安く使用することがかのうです。

このように、全てにおいて万能な育毛剤を見つけるというよりも、効果と付随するデメリットを自分にとって受け入れられるかを見極めて選ぶということがとても大事であるということがわかりますね。

試してみないとわからない…という部分も多々あると思いますが、自分の薄毛の症状、想定される副作用が自分に起こるのかということをあらじめ考えることである程度の選択はできると思います。

リアップ以外にも医薬部外品の通販育毛剤はたくさん発売されています。以下のページでいくつかの育毛剤をレビューしていますので、それらの特性を比較してリアップを選択するかをじっくり検討されることもオススメします。

まとめ

  • まずは自分の薄毛の原因を特定すること。
  • 副作用のリスクをゼロにすることはできない!
  • 正しい用法を守る!

コスパや副作用の少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

特許成分バイオポリリン酸の複数の発毛因子の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

濃密育毛剤BUBKA

医薬部外品

M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。

プランテル

プランテル

医薬部外品

セファランチンによる血流促進作用。リアップが不得意なM字型薄毛専門の育毛剤

プランテル

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし