LPLP薬用育毛エッセンスとリアップをコスパや効果の観点から比較してみる

LPLP薬用育毛エッセンス(育毛剤)は2015年に発売されたアイテムですが、多くの育毛剤の中でも豊富な成分構成と、コストパフォーマンスが非常に高い育毛剤です。

注目すべきなのが「宝酒造」のグループ会社「タカラバイオ」との共同開発商品であること。

リアップは大正製薬という大手企業が製造販売していますが、それ以外の育毛剤は無名の通販メーカーが多いなか、大手メーカーが開発に関わっているという安心感がありますね。

さらに育毛剤では珍しいアレルギーテストをクリアしており、リアップの副作用が心配な肌の弱い方にも安心して使うことができます。

そんなLPLP薬用育毛エッセンスとリアップについて、効果や副作用、コスパの3つの観点から比較してみました。

価格 980円(定期購入初回)
6,053円(定期購入2回目以降)
容量 150ml(1日あたり100円
医薬品区分 医薬部外品
全額返金保証 10日間
オススメ度 ★★★★★

独自成分であるルプルプWフコイダンはミノキシジルと同じくFGF−7の成長促進効果がある

リアップに配合されているミノキシジルは、血管を拡張し血流を増加させることで、髪の成長に必要な毛包内の細胞増殖やタンパク質の合成を促進することで発毛効果を発揮します。

ここでのタンパク質は、体内に存在する「FGF」という物質を指しています。

FGFというタンパク質は別名「線維芽細胞増殖因子」といい、毛乳頭内で活発に活動することで、髪を伸ばすための細胞を増殖させることで育毛効果が期待できるといわれているんですね。

FGFは1-23まで存在しているのですが、特に育毛効果が高いといわれているFGF−7に対して、リアップは効果的とされています。

そんなFGFへの作用はLPLP薬用育毛エッセンスにも期待できます。

というのも、LPLP薬用育毛エッセンスはリアップと同じく「FGF-7」を増加させることに着目して作られた育毛剤なのです。

そのための独自成分として開発され、LPLP薬用育毛エッセンスだけに配合されているのが、ガゴメ昆布から抽出された「ルプルプWフコイダン」です。

塗布することによってFGF-7の産生量が450%増加し、毛髪の成長を促進させます。

この効果については、フコイダンを研究しているタカラバイオ社が特許を取得しているため、信頼性も高いといえるでしょう。

さらにフコイダンを低分子化することで、成分が毛穴の奥まで浸透。発毛命令を出す毛乳頭細胞で直接FGF-7を増殖させることに成功しているのです。

これ以外にも。LPLP薬用育毛エッセンスには、医薬部外品の有効成分に規定されている「パントテニルエチルエーテル」「グリチルリチン酸ジカリウム」「セファランチン=(タマサキツヅラフジアルカロイド)」「センブリエキス」の4つが配合されています。

他の育毛剤ではこの中の1つ、2つが入っているくらいですが、上記全ての医薬部外品成分を配合している育毛剤はLPLP薬用育毛エッセンスしかありません。

それぞれ毛母細胞の増殖や血流促進といった効果があるので、フコイダンのパワーと合わさることでさらなる効果が期待できます。

リアップよりもマイルドな使用感で副作用リスクも低くアレルギーパッチテストも済んでいるので安心

リアップと同じくFGF-7に対してアプローチすることで育毛効果が期待できるLPLP薬用エッセンス。

では、リアップと同じく副作用になる可能性もあるのか調べてみると、まず主成分であるルプルプWフコイダンはガゴメ昆布から抽出された成分のため副作用の心配がありません。

その他のビワ葉エキスやユーカリエキスなど自然由来の成分であるので、副作用リスクはほとんどありません。

またLPLPは、頭皮と髪にやさしい処方を目指し、化粧品と同じくらいのレベルで7つの無配合にこだわって

  • 無香料
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • 弱酸性
  • ノンパラベン
  • 動物性原料不使用
  • アレルギー・パッチテスト済み

無着色、無香料の育毛剤は多かったりすのですが、「アレルギー・パッチテスト済み」というのは、肌がアレルギー体質のユーザーにとっても安心できるポイントであるといえますね。

ただし、ここまでキチンと副作用対応しているLPLP薬用育毛エッセンスでも副作用の可能性はかならずしもゼロではありません。

医薬部外品であることから人体に影響を与えない範囲での配合となっていることが想定されますが、配合成分の鮮度を保つための防腐剤としてアルコールが配合されており、頭皮と反応し炎症を起こしてしまう可能性はあるようです。

このアルコールは他に比べて若干強めの配合なのか、使い心地においては強めな香りを感じてしまいます。アルコール臭を気にする方にとってはあまり向かないと思います。

頭皮に塗った後はメントール効果があり、30分位はうっすら爽快感が漂い不快なベトつき感もほぼありません。唯一アルコールの香りが強いことだけが残念なポイントです。

LPLP薬用育毛エッセンスはM字薄毛に悩む方にも効果的ということが使用者の口コミからわかる

そんなLPLP薬用育毛エッセンスですが、使用者の方はどのような評価をしているのか?

調べてみるとこのような体感者の口コミを発見することができました。

M字型毛髪後退の心配ストップに希望持てそうです。毛穴が復活しては、産毛が丈夫に伸びているので、体積強化が目標です。

参照:楽天市場

私には今のところこれが合っているようで、発毛などとは望まず、現状を食い止められればと使っていますが5ヶ月目に入っています。心なしか若干隙間が埋まってきた気がして続けています。

参照:楽天市場

使い始めから3ヶ月が経過した頃のつむじは、地肌が見える部分が徐々に減ってきた。そしてそのまま4ヶ月目に突入し、ほとんど正常のつむじ程度まで改善していることがわかる。現在の写真はアップで撮影したものだが、使い始めた当初は毛が生えていなかった部分にも、細いが新生毛が生えてきているのがわかる。

参照:http://xn--udka2db6593bs65a8q4a.com/

6ヶ月間使ってみて、気になっていた薄毛部分は少しずつではありましたが改善されました。はじめの期待値が低かった分、私としてはこの効果にはかなり満足しています。

参照:http://xn--udka2db6593byoam12jjdh312c.net/

どれも薄毛になっている部分が改善されたという口コミですね。

特に気になったのが、1番最初のM字薄毛に効果的だったという口コミです。

リアップは壮年性脱毛症にしか効果がないため、M字薄毛部分には効果が期待できません。

ミノキシジルは血管を拡張することで発毛効果が期待できるのですが、効果の対象外であるM字部分には血管が少ないため効果が期待できないということです。

しかし、口コミを見る限りLPLP薬用育毛エッセンスではM字薄毛部分にも効果を感じるということですね。

これは、低分子化したルプルプWフコイダンが毛穴に浸透することでFGF-7の産生量が450%増加するため、どの部位にも効果が期待できるということです。

ですので、M字薄毛や生え際の薄毛に悩んでいる人はリアップではなくLPLP薬用育毛エッセンスというのも一つの選択肢と言えますね。

LPLP薬用育毛エッセンスを購入してみた

LPLP薬用育毛エッセンスの同梱物一式

外箱に入った本体と、パンフレットが1枚の構成。シンプルな内容で届きました。一見育毛剤とは思えない女性的なオシャレボトルですが、男女とも利用可能です。

LPLP薬用育毛エッセンスのノズル

ノズルはリアップと違いスプレー式のノズルとなっています。

ふわっとミストが出るタイプではなく、ジェット噴射タイプのノズルのため、掻き分けなくてもそれなりの勢いで頭皮によく届きます。

LPLP薬用育毛エッセンスのパンフレット

同梱物のパンフレット。育毛剤以外にもフコイダンを直接摂取できるサプリメントも販売されているそうです。

LPLP薬用育毛エッセンスの液体を実際に塗布してみると、液体自体は無色透明ですが、手に向けてジェット噴射ノズルを押すと気泡が含まれるほど勢いよく発射されることがわかります。

これにより液体が拡散せず直線的に頭皮に届き、わざわざ掻き分けなくても狙った頭皮のポイントに届くことが出来ます。

LPLP薬用育毛エッセンスはリアップの1/2以下の価格で毎月使用できる

育毛剤は使用して効果があっても使用をやめるとリバウンドし再び薄毛になってしまいます。

そのため、継続使用が前提であることから、価格は1円でも安いに越したことはないといえます。

リアップは1ヶ月あたり定価7,611円するのですが、LPLP薬用育毛エッセンスは定期購入で1本6,053円になります。

ただし、LPLP薬用育毛エッセンスは、1本で約2ヶ月間継続使用できるため、1ヶ月あたり3,026円の計算なります。

もちろん、塗布量によって多少使用期間は前後しますが、リアップの1/2以下で毎月使用ができる非常にコストパフォーマンスが高い育毛剤といえます。

例えば年間支出で計算した場合、リアップが91,332円に対してLPLP薬用育毛エッセンスは36,312円で、差額は55,020円となります。

さらに定期購入の場合は初回購入分は980円になるという大幅な割引サービスがあるのも特徴ですね。

このコスパは私がオススメする通販育毛剤の中でも最も高いコスパの育毛剤といえるため、「お金がそんなに出せないなかでも、特に効果が高い育毛剤が欲しい」というわがままなユーザーの願いを叶えてくれる育毛剤といえますん。

LPLP薬用育毛エッセンス リアップ
価格 980円(定期購入初回)
6,053円(2回目以降)
7,611円
容量 150ml 60ml
最大使用期間 約2ヶ月 約1ヶ月
1日あたりのコスト 100円 253円

また、10日間の全額返金保証もLPLP薬用育毛エッセンスにはついています。

商品到着後、「どうも匂いや使用感が合わない…」という方には、商品代が全額返金されるため、はじめて購入する方もリスクなく使用感を試すことができるということですね。

(まとめ)LPLP薬用エッセンスはリアップと同じ育毛ロジックでありながら1/2のコストで使用できる総合力の高い育毛剤

「育毛剤は高いから…」「毎月のコストがかかる」そのように考えている方にはまさに福音といえる育毛剤ではないでしょうか?

もちろん「安物買いの銭失い」となってはいけませんが、LPLP薬用育毛エッセンスにはそれを覆すだけの理論に裏打ちされた特徴的な独自成分と、業界最高ともいえる有効成分が配合され、品質の面でもトップクラスと言っても過言ではありません。

コストを気にされている方にはぜひ一度続けてもらいたい育毛剤です。

リーズナブルな価格でありながら、「10日間全額返金保証制度」も整っていて、初めてでも試しやすい育毛剤ですね。またアレルギーテスト、パッチテストもクリアしていて肌への優しさにこだわっていることも特筆すべきポイントです。

強いて悪いところをいえば、液体のアルコールの香り。これは好き嫌いが分かれるかもしれません。

また、この育毛剤のさらなる特徴として「リアップとの併用」も推奨されているということです。

これについてはメーカーサイドで動物実験を行っており、リアップの成分であるミノキシジルとガゴメ昆布フコイダンを併用した場合ミノキシジル単体に比べて1.3倍の発毛効果を記録したそうです。

その際の副作用も確認できなかったとのことで、リアップの効果をさらに高めたい方にもオススメと言えそうです。(ただしリアップ公式では、他の育毛剤との併用はすすめていないのでご承知おきを)

コスパや副作用の少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

4つの有効成分+独自成分バイオポリリン酸による売上450万本以上を誇る育毛剤。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

BUBKA-ZERO

医薬部外品

2018年リニューアル!M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

独自成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。

プランテル

プランテル

医薬部外品

セファランチンによる血流促進作用。リアップが不得意なM字型薄毛専門の育毛剤

プランテル

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし