ミノキシジルと同等効果のある新型BUBKA(ブブカ)とリアップを比較する

ネット通販や、東急ハンズなど一部の店舗で販売されている濃密育毛剤BUBKAは、販売当時から、「リアップの主成分であるミノキシジルと同等効果のある成分」が配合されているとして、注目され続けている育毛剤です。

すでに発売から10年以上経過している実績ある育毛剤であり、さらに成分の増量など5度のスペックアップが行われ、2018年6月には第六世代である「BUBKA-ZERO」としてボトルデザインから新しくなり、配合成分も育毛剤業界で最大級となる合計92種類が配合されるようになりました。

さらに、副作用に対する対策も徹底的に行われ、医薬部外品の育毛剤には一般的に添加されている、アルコール、香料をはじめとした9つの添加物を配合せず、純粋な育毛成分のみを凝縮した使用感と安全性を両立した育毛剤となっています。

リアップは、臨床試験において、発毛ができると効果が実証されている第一類医薬品として認められている反面、一定の割合で副作用も発生すると発表されています。

効果も得たいけれど、副作用にはなりたくないな…と考えている方には、BUBKAはリアップに代わる候補になり得るのでしょうか?

そこでBUBKAとリアップと比較してみて、同じような効果が期待でき、リアップの代替候補になり得るべきアイテムなのか、配合成分のくわしい中身、実際に購入しての使用感、さらに口コミ情報を総合して分析してみたいと思います。 。

価格 11,664 円(税込)初回半額5,980円(定期コース)
容量 120ml(1日あたり199円
医薬品区分 医薬部外品
全額返金保証 30日間
オススメ度 ★★★★★

BUBKAはリアップと違い育毛効果を発揮するために攻めと守りの成分をバランスよく配合している

BUBKA

まず、リアップとBUBKAには、「医薬品」と「医薬部外品」の差があり、配合成分に大きな違いがあります。

リアップは、ミノキシジルというオンリーワン成分で血管を拡張し血流を増加させることで、発毛効果を発揮する攻めの成分を配合しています。

このミノキシジルは、臨床試験によって発毛効果が国によっても正式に認められている成分で、これが配合されているがゆえに、「第一類医薬品」として分類されています。

一方BUBKAは、ミノキシジルのような臨床試験による効果が実証された成分は配合されておらず、より緩やかな効果や抜け毛の予防、防止を目的とした「医薬部外品」として区分されています。

ただし、リアップのようにミノキシジルのみの成分配合ではなく、育毛させる攻めの成分と、薄毛になってしまう原因を防止する守りの成分を合計92種類配合していることが特徴です。

具体的にどのような成分が配合されているのか、パッケージ裏面に書かれている内訳を並べてみると…

BUBKA

有効成分 3種類
天然植物/和漢エキス 66種類
アミノ酸 13種類
その他頭皮環境を整える成分 10種類

非常にたくさんの成分が配合されていますが、内訳をみてみると「厚生労働省が効果あり」と認めている有効成分は92種類中3種類配合されていることがわかります。

  • センブリエキス:血行促進
  • グリチルリチン酸ジカリウム:炎症を抑える成分
  • 酢酸トコフェロール:抗酸化、血行促進成分

頭皮の血行を促進したり、炎症や酸化を抑えて生えるための頭皮環境を整えたりするための成分がバランス良く配合されていますが、これら有効成分は他の育毛剤にも配合されている成分ばかりです。

そのため、有効成分では大きな差別化を図らず、66種類の天然植物/和漢エキスの中に他の育毛剤にはあまり配合されていない独自の成分を多数配合配合しています。

その中でも、特に注目すべき成分としてM-034とマジョラムエキス、そして5つのシグナルブロッカー成分が挙げられます。

この3つについて、それぞれどのような役割があるのか、くわしくご紹介したいと思います。

主成分のM-034はミノキシジルと同等効果で毛細胞を活性化する

BUBKA

M-034は、冒頭でご紹介した「ミノキシジルと同等効果のある成分」のキーになる成分です。

元は海藻の1つであるミツイシコンブから抽出された成分で、毛髪の根幹とも言える毛母細胞へダイレクトに働きかけ、毛包に直接作用し、外毛根鞘細胞を増殖、さらには、髪の成長期を長く維持する効果を与えます。 (成分表記上は 海藻エキス(1)と表示)

では、ミノキシジルも同じような成分なのかといえば、そうではありません。

毛の伸長効果について、BUBKAが独自に実施した育毛実験によりリアップの主成分であるミノキシジルと同等であったことがグラフとともに公表されています。

さらに過去5回リニューアルされるにつれてM-034の配合濃度もアップし、現在では初期モデルに比べて約10倍の濃度となっています。

マジョナラエキスは発毛促進に欠かせない17型コラーゲンの働きをサポートする成分

最新版のBUBKA ZEROから新たに配合された成分がマジョラムエキスです。(BUBKA パッケージの成分表記では、マヨラナエキスと記載)

さきほどのM-034は育毛促進効果が期待できる成分でしたが、マジョラムエキスは、薄毛を予防する効果が期待できます。

どのようなメカニズムかといえば、髪の毛が成長する上で発毛促進の要となる、バルジ領域という毛の生成に重要なタンパク質を作り出す場所があります。

このバルジ領域で「17型コラーゲン」が存在することで、毛根部分が活性化されるシグナルが出るのですが、加齢と共に17型コラーゲンは減少していきます。

するとシグナルが発信されないため、細胞が供給されず薄毛になっていくのです。

マジョナラエキスには、この17型コラーゲンの産生を促進させる作用があるとされており、直接的な作用はないものの、17型コラーゲンが常にバルジ領域にあり続けることをサポートしています。

薄毛の原因物質を抑制するシグナルブロッカー成分を5種類配合!

BUBKA

非常に多数の天然・和漢エキス成分が含まれているBUBKAでも異色のアプローチで配合されている特筆すべき成分が以下の5種類です。

  • オウゴンエキス
  • ビワ葉エキス
  • ホウセンカエキス
  • ジオウエキス
  • チョウジエキス

これらはいずれも、シグナルブロッカーと称して薄毛の原因物質の活動を抑制するとされている成分です。

男性型脱毛症の原因はある程度解明されていて、体内に存在するテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと、別の物質5αリダクターゼが結合することによりDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生まれてしまい、髪の成長を妨害してしまうことがわかっています。

この5種類の成分は、5aリダクターゼの活動自体を抑制し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化することを防いでくれるため、結果的に薄毛の予防効果があるということですね。

では、これらの特徴的な成分構成からリアップとどのような違いがあるのか検証してみたいと思います。

リアップと比べてBUBKAは攻めと守り両方の観点から効果

リアップには、ミノキシジルという髪を生やす攻めの成分が配合されているものの、他には頭皮の健康維持に関する成分以外、薄毛の原因を抑制する成分までは含まれていません。

反面、BUBKAにはミノキシジルと同等の育毛効果を期待できるM−034などに代表される「攻めの効果」に加え、マジョナラエキスや5種類の成分などに代表される「守りの効果」もあることがわかりました。

こうして2つの育毛剤の配合成分を比較してみると、BUBKAは育毛促進効果と薄毛の原因対策という1本で2つの機能を持ち合わせた育毛剤であることがわかります。

肌に影響を与える添加物は不使用で副作用のリスクをできるだけカット

BUBKAのZEROフリー

では、BUBKAを購入するにあたって、リアップのように副作用になるリスクや、刺激を感じるような使い心地ではないか気になりますね。

まずM-034という成分自体は、天然のミツイシコンブのヌメリエキスから抽出された体にも安心の成分でミノキシジルのような副作用のリスクがまったくありません。

さらに、直接育毛には関係ない添加物が多く入っている場合、人によっては、頭皮にダメージを与えてしまい使い続けることができない場合がありますが、BUBKAは9つのZEROフリーを掲げ、頭皮に悪影響を与える可能性がある下記の添加物を配合していません。

  • アルコール
  • パラベン
  • 石油系合成活性剤
  • 法定色素
  • 鉱物油
  • シリコーン
  • マイクロビーズ
  • 紫外線吸収剤
  • 合成香料

また、髪の毛のみならず頭皮の環境が悪化していると、頭皮の炎症やかゆみなどの原因となります。

そこでBUBKAでは、頭皮のハリや弾力をアップさせる果実、シモツケソ、マロニエという3つのエキスや、頭皮の保湿力をキープする吸着型ヒアルロン酸も配合しており、副作用になる可能性を限りなく抑えるための成分を配合していることがわかります。

においはほぼ無臭に近く、つけた後の違和感も限りなく少ない

リアップは、塗布後の清涼感(メントール効果)をかなり感じてしまい、さらにミノキシジル特有のジンジンするほてり感が耐えられず継続使用を断念する方もいるようです。

さらに使用時の匂いも、アルコールのようなツーンとしたややきついアルコールの匂いがするのも特徴としてあります。

一方BUBKAは、液体自体にとろみがなく塗布後はメントール感もないほとんど水のような質感です。

実際に頭皮に塗ってみてもかゆみやほてりのような違和感はなく、刺激は一切感じることがないため、肌の弱い人でもほぼノンストレスで使用できるでしょう。

においについては、鼻を近づけてみると成分由来の匂いはわずかにするものの、リアップのようなアルコールのきつい匂いはなく、ほとんど気にする必要はありません。

使いごこちの面でBUBKAを敬遠するような方はほとんどいない育毛剤だと思います。

BUBKA使用者の口コミでは地肌が少し見えている程度の薄毛の人には効果があることがわかる

では、実際にユーザーはBUBKAを使用して効果を実感をしているのでしょうか?

発売から10年以上経過しているため、インターネット上の口コミにも多くの情報が寄せられていました。 例えばGoogleで「ブブカ 効果」と画像検索してみると非常に多くのBefore→After画像を確認することができます。

その中でも、実際にBUBKAを使用したという口コミを抜粋し紹介してみようと思います。

※こちらの口コミは、リニューアル前のBUBKAを使用しての内容となります。

ブブカを使用した頭頂部の地肌が目だって見えてしまっていた部分が隠れ、全体的に髪の毛が太くなっています。

参照:https://ikumoukachou.com/bubka/bubkakekka.html

3ヶ月半を過ぎた2本めがなくなるころに、なんとなく朝のセット時のボリュームが違うのを感じました。

参照:http://www.uksportacademy.com/bubka/bubka3.html

でも2ヶ月くらい使こてると、神の領域へいくねん(笑)。全く髪を濡らさず塗ることが出来るから、めっちゃ使こてて苦にならへんのが嬉しいな。

参照:http://ikumouzai.jp/bubka.html

洗髪の際、指で髪の毛をつかむことができるまでに!

参照:http://bubkafan.webcrow.jp

以前に比べて髪がしっかりしてきたように感じます。

参照:http://xn--68jub0mjga5613cot4a.com/taikendan.html

どの口コミも見事にBUBKAを使用して効果を感じていますが、ひとつ共通した特徴として、地肌がうっすら見えている程度の薄毛であるということがわかります。

BUBKAの最大の特徴であるM-034は、髪の毛の根元についている毛球を包んでいる細胞である外毛根鞘細胞を増殖させることで、毛を成長させ、育毛効果が期待できます。

この毛球の中には、髪を成長させる毛母細胞や髪を成長させるように指令をだす役割がありますから、これらを包んでいる外毛根鞘が成長することが非常に大事になります。

と考えると、髪の毛が全くない状態では、前提となる毛球すら存在しないので、ツルツルの薄毛部分にB塗布しても効果を発揮しないんですね。

実際にBUBKAを使って効果がなかったという口コミも存在するのでですが、中身はこのようになっていました。

すでにハゲてしまっている段階で本製品を使用したとして、目に見える効果が出るかどうかはチョットわからない。少なくとも、半年間というような短い期間ではチョット難しいのではないかと思う。

参照:amazon

「すでにハゲてしまっている段階=毛が全くない状態」の部分と理解しておきましょう。

このような状態では、発毛効果が期待できるリアップだと効果を感じる可能性があると思います。

BUBKA ZEROを実際に購入してみた

BUBKAには色々なプランが存在します。

  • BUBKA1本買い(単品) ¥16,200
  • BUBKA2本まとめ買い ¥32,400
  • BUBKA3本まとめ買い ¥48,600
  • BUBKA6本まとめ買い ¥97,200
  • いつでもやめられる定期コース 育毛剤+サプリ+シャンプー¥5,980(初回限定)※2回目以降¥11,664

本来、育毛剤とサプリを同時に購入すると¥22,680なのですが、初回限定で¥5,980となります。

さらに初回は3,132円のシャンプー、ボディーソープもついてくるのでとてもお得です。

育毛剤本体以外にはこれだけのアイテムがセットで届きます。

BUBKAの同梱物一覧

  • サプリ×2袋( 1袋1ヶ月分)
  • シャンプー
  • ボディーソープ
  • BUBKA ZERO ONE説明書、 購入お礼状 、全額返金保証制度のご案内

また、定期コースの場合、2回目以降も¥11,664で購入できるため、育毛剤単体を購入するより安くなることから、いつでもやめられる定期コースが最もお得な購入プランといえます。

リアップとノズルを比較してみるとこのような違いが。

BUBKA

使用量が厳格に定められている分、適量が正確に出るリアップにノズルと比べ、シンプルさが際立つBUBKAのノズル。

しかし、頭にトントンするという方式は同じで、液体流出量も力加減で微妙にコントロールできるので実用上とくに使い勝手に困るというわけではありません。

リアップとノズルを比較してみるとこのような違いが。

使用量が厳格に定められている分、適量が正確に出るリアップにノズルと比べ、シンプルさが際立つBUBKAのノズル。

しかし、頭にトントンするという方式は同じで、液体流出量も力加減で微妙にコントロールできるので実用上とくに使い勝手に困るというわけではありません。

BUBKA

同梱されていたサプリには、酵素、4つの発酵サポート成分、乳酸菌、ビタミンB群など成分を含んでいて1日2粒めやすで、計60粒入っています。

小指の爪ほどの薄い形状のサプリなので大きさ的には飲みやすいですが、舌に乗せるとピリッとした渋味があります。

外から塗布するだけの育毛剤とセットで、体の内部から栄養補給で育毛しやすい体質にしてくれるのはリアップや他の育毛剤と比較しても全く違うアプローチといえますね。

コスパ的にはややBUBKAは高い育毛剤といえる

BUBKAのボトル本体

育毛剤は使い続けることで効果を感じることができます。

また、途中で使用をやめるとまた元の薄毛に戻ってしまうリバウンドなどの現象が起こってしまうため、一度使い始めるとずっと使い続けることが前提条件となります。

リアップは1ヶ月あたり定価7,611円ですが、BUBKAの場合はいつでもやめられる定期コースの場合、初月が5,980円で2ヶ月目以降は11,664円となります。

BUBKAはサプリメントと育毛剤とサプリがセットになっており内外から育毛ケアできるとはいえリアップと比較しても約4,000円高いことになります。

このコストパフォーマンスがBUBKA唯一の欠点であるといえば仕方がないかもしれません。

ただし、リアップにはない、サプリ+シャンプーといった、リアップではカバーしきれない部分までトータルケアできるのもまた魅力的ですし、副作用の心配がほぼないことも大きなメリットであると思います。

BUBKAでは、定期コースで届く方向けに、1日の中でこれらのアイテム群をどのように活用していくのかについて以下のようなケア方法を推奨しています。

BUBKA

具体的な洗髪方法や、育毛剤の塗布方法などが詳細に解説されており、まさに、本気で育毛したい人に応える内容となっているでしょう。

決して安くはない出費になるだけに、中途半端な気持ちで試してみるというよりも、やはり絶対に成功させるという精神で取り組み続ける方にBUBKAの購入はオススメできるといえるでしょう。

BUBKA リアップ
価格 5,980円(初回)
11,664円(2回目以降)
7,611円
容量 120ml 60ml
最大使用期間 1ヶ月 1ヶ月
1日あたりコスト 199円(初月)
388円(2回目以降)
253円

ちなみに、BUBKAは初回購入時のみ30日間全額返金保証制度があり、購入時から30日以内に連絡すれば、理由がどうであれ、全部使っていても返品・返金に応じてくれるシステムです。(定期購入の場合は次回発送日の10日前までに連絡する必要あり)

リアップの場合は購入後「なんか違う」となってもお金はかえってきませんが、BUBKAの場合は30日以内だと、どんな理由でも商品代金は戻ってくるので、リスクなく試せるというのは、リアップと比較しても優れた点であるといえますね。

(まとめ)BUBKAは薄毛の原因に対して攻めと守り・体内と対外と総合的にアプローチすることができる育毛剤

BUBKAに配合されているM−034は、外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現することができる育毛剤ということがわかりました。

また、マジョナラエキスや5つの抑制成分により薄毛の原因を未然に防ぐことができるということもわかりました。 定期購入で同時に購入できるサプリによって、体の中から育毛しやすい体質を作ってくれることということもBUBKAの強みです。

育毛に効果的な成分だけではなく、体全体を元気にすることで髪の毛が生える土台を整えるというのは、今までのサプリにはないアプローチであるといえますね。

2011年の発売開始から5回のリニューアルを繰り返し、累計150万本もの販売実績(2018年6月末時点)があるということも安心して購入できるポイントといえますね。

とりあえず使ってみて、使用感があわない場合でも30日以内であれば無料で返金してくれるサービスもリアップにはない特典であり、試しやすいです。

なにより、育毛剤の塗布だけでなく、サプリ、シャンプーといったトータルヘアケアが一気通貫でできることも他の育毛剤にはないメリットといえるでしょう。

続ける場合の送料・代引き手数料などもすべて無料なので、長期的に本気でじっくり継続する際にもオトクです。私がまず試してもらいたいとお薦めできる育毛剤ですね!

コスパや副作用の少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

4つの有効成分+独自成分バイオポリリン酸による売上450万本以上を誇る育毛剤。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

BUBKA-ZERO

医薬部外品

2018年リニューアル!M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

独自成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。

プランテル

プランテル

医薬部外品

セファランチンによる血流促進作用。リアップが不得意なM字型薄毛専門の育毛剤

プランテル

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし