遺伝や年齢との関係

薄毛と遺伝

薄毛についての有名な話で、「薄毛と遺伝は関連性がある」というものがあります。結論をさきに述べますと、有識者たちの間でも、意見は真っ二つに分かれています。ドイツのボン大学の研究チームが1999年に発表したレポート(参照URL(英文))によると、男性が持っている染色体のうち、母方から受け継ぐX染色体に存在する男性ホルモン受容体に変異が認められることが判明した、とのことです。

これは、母方の祖父が薄毛なら、将来的に薄毛になる危険性が高いということです。しかし、これはあくまでも「薄毛と遺伝」に関する一説にすぎず、一概に認められない、とも言われています。

薄毛と年齢

薄毛が進行していく年齢ですが、これは、個人差によるものが大きいです。40代から50代でよく見られる壮年性脱毛症はもちろん、30代以下で薄毛が進行してしまう若年性脱毛症に悩む人も、年々増加しています。

ですから、ひとつだけ言えることは、薄毛がいつから進行してしまうか個人では予測がつかない以上、日頃から充分に毛髪をケアしてあげることが必要だ、ということです。備えあれば憂いなしの精神で、つねに自分の毛髪を気にかけてやりましょう。

まとめ

  • 薄毛と遺伝の関連性は、いまだ解明できていない!
  • 薄毛に年齢に関係なく現れる!
  • 日々のケアがなにより大切!

効果とコスパが両立し、副作用が少ない通販育毛剤も検討してみよう

ポリピュアEX

医薬部外品

4つの有効成分+独自成分バイオポリリン酸による強力な育毛効果で450万本以上の売上を誇る育毛剤。アレルギーテストをクリアし、副作用の心配が少ない。

プランテル

プランテル

医薬部外品

リアップでは効果がないM字型薄毛に対応。有効成分セファランチンによる血流促進作用と原因物質の抑制を行う独自処方の育毛剤

BUBKA-ZERO

医薬部外品

M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない

M-1育毛ミスト

M-1育毛ミスト

医薬部外品

世界毛髪会議で認められた加水分解酵母配合。ノンアルコール処方で副作用の心配ほとんどなし

LPLP薬用育毛エッセンス

医薬部外品

特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。