LPLP薬用育毛エッセンスとリアップをコスパや効果の観点から比較してみる

LPLP薬用育毛エッセンス(育毛剤)は2015年に発売されたアイテムですが、多くの育毛剤の中でも豊富な成分構成と、コストパフォーマンスが非常に高い育毛剤です。

注目すべきなのが「宝酒造」のグループ会社「タカラバイオ」との共同開発商品であること。

リアップは大正製薬という大手企業が製造販売していますが、それ以外の育毛剤は無名の通販メーカーが多いなか、大手メーカーが開発に関わっているという安心感がありますね。

さらに育毛剤では珍しいアレルギーテストをクリアしており、リアップの副作用が心配な肌の弱い方にも安心して使うことができます。

そんなLPLP薬用育毛エッセンスとリアップについて、効果や副作用、コスパの3つの観点から比較してみました。

価格 980円(定期購入初回)
6,053円(定期購入2回目以降)
容量 150ml(1日あたり100円
医薬品区分 医薬部外品
全額返金保証 10日間
オススメ度 ★★★★★

独自成分であるルプルプWフコイダンはミノキシジルと同じくFGF−7の成長促進効果がある

リアップに配合されているミノキシジルは、血管を拡張し血流を増加させることで、髪の成長に必要な毛包内の細胞増殖やタンパク質の合成を促進することで発毛効果を発揮します。

ここでのタンパク質は、体内に存在する「FGF」という物質を指しています。

FGFというタンパク質は別名「線維芽細胞増殖因子」といい、毛乳頭内で活発に活動することで、髪を伸ばすための細胞を増殖させることで育毛効果が期待できるといわれているんですね。

FGFは1-23まで存在しているのですが、特に育毛効果が高いといわれているFGF−7に対して、リアップは効果的とされています。

そんなFGFへの作用はLPLP薬用育毛エッセンスにも期待できます。

というのも、LPLP薬用育毛エッセンスはリアップと同じく「FGF-7」を増加させることに着目して作られた育毛剤なのです。

そのための独自成分として開発され、LPLP薬用育毛エッセンスだけに配合されているのが、ガゴメ昆布から抽出された「ルプルプWフコイダン」です。

塗布することによってFGF-7の産生量が450%増加し、毛髪の成長を促進させます。

この効果については、フコイダンを研究しているタカラバイオ社が特許を取得しているため、信頼性も高いといえるでしょう。

さらにフコイダンを低分子化することで、成分が毛穴の奥まで浸透。発毛命令を出す毛乳頭細胞で直接FGF-7を増殖させることに成功しているのです。

これ以外にも。LPLP薬用育毛エッセンスには、医薬部外品の有効成分に規定されている「パントテニルエチルエーテル」「グリチルリチン酸ジカリウム」「セファランチン=(タマサキツヅラフジアルカロイド)」「センブリエキス」の4つが配合されています。

他の育毛剤ではこの中の1つ、2つが入っているくらいですが、上記全ての医薬部外品成分を配合している育毛剤はLPLP薬用育毛エッセンスしかありません。

それぞれ毛母細胞の増殖や血流促進といった効果があるので、フコイダンのパワーと合わさることでさらなる効果が期待できます。

リアップよりもマイルドな使用感で副作用リスクも低くアレルギーパッチテストも済んでいるので安心

リアップと同じくFGF-7に対してアプローチすることで育毛効果が期待できるLPLP薬用エッセンス。

では、リアップと同じく副作用になる可能性もあるのか調べてみると、まず主成分であるルプルプWフコイダンはガゴメ昆布から抽出された成分のため副作用の心配がありません。

その他のビワ葉エキスやユーカリエキスなど自然由来の成分であるので、副作用リスクはほとんどありません。

またLPLPは、頭皮と髪にやさしい処方を目指し、化粧品と同じくらいのレベルで7つの無配合にこだわって

  • 無香料
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • 弱酸性
  • ノンパラベン
  • 動物性原料不使用
  • アレルギー・パッチテスト済み

無着色、無香料の育毛剤は多かったりすのですが、「アレルギー・パッチテスト済み」というのは、肌がアレルギー体質のユーザーにとっても安心できるポイントであるといえますね。

ただし、ここまでキチンと副作用対応しているLPLP薬用育毛エッセンスでも副作用の可能性はかならずしもゼロではありません。

医薬部外品であることから人体に影響を与えない範囲での配合となっていることが想定されますが、配合成分の鮮度を保つための防腐剤としてアルコールが配合されており、頭皮と反応し炎症を起こしてしまう可能性はあるようです。

このアルコールは他に比べて若干強めの配合なのか、使い心地においては強めな香りを感じてしまいます。アルコール臭を気にする方にとってはあまり向かないと思います。

頭皮に塗った後はメントール効果があり、30分位はうっすら爽快感が漂い不快なベトつき感もほぼありません。唯一アルコールの香りが強いことだけが残念なポイントです。

LPLP薬用育毛エッセンスはM字薄毛に悩む方にも効果的ということが使用者の口コミからわかる

そんなLPLP薬用育毛エッセンスですが、使用者の方はどのような評価をしているのか?

調べてみるとこのような体感者の口コミを発見することができました。

M字型毛髪後退の心配ストップに希望持てそうです。毛穴が復活しては、産毛が丈夫に伸びているので、体積強化が目標です。

参照:楽天市場

私には今のところこれが合っているようで、発毛などとは望まず、現状を食い止められればと使っていますが5ヶ月目に入っています。心なしか若干隙間が埋まってきた気がして続けています。

参照:楽天市場

使い始めから3ヶ月が経過した頃のつむじは、地肌が見える部分が徐々に減ってきた。そしてそのまま4ヶ月目に突入し、ほとんど正常のつむじ程度まで改善していることがわかる。現在の写真はアップで撮影したものだが、使い始めた当初は毛が生えていなかった部分にも、細いが新生毛が生えてきているのがわかる。

参照:http://xn--udka2db6593bs65a8q4a.com/

6ヶ月間使ってみて、気になっていた薄毛部分は少しずつではありましたが改善されました。はじめの期待値が低かった分、私としてはこの効果にはかなり満足しています。

参照:http://xn--udka2db6593byoam12jjdh312c.net/

どれも薄毛になっている部分が改善されたという口コミですね。

特に気になったのが、1番最初のM字薄毛に効果的だったという口コミです。

リアップは壮年性脱毛症にしか効果がないため、M字薄毛部分には効果が期待できません。

ミノキシジルは血管を拡張することで発毛効果が期待できるのですが、効果の対象外であるM字部分には血管が少ないため効果が期待できないということです。

しかし、口コミを見る限りLPLP薬用育毛エッセンスではM字薄毛部分にも効果を感じるということですね。

これは、低分子化したルプルプWフコイダンが毛穴に浸透することでFGF-7の産生量が450%増加するため、どの部位にも効果が期待できるということです。

ですので、M字薄毛や生え際の薄毛に悩んでいる人はリアップではなくLPLP薬用育毛エッセンスというのも一つの選択肢と言えますね。

LPLP薬用育毛エッセンスを購入してみた

LPLP薬用育毛エッセンスの同梱物一式

外箱に入った本体と、パンフレットが1枚の構成。シンプルな内容で届きました。一見育毛剤とは思えない女性的なオシャレボトルですが、男女とも利用可能です。

LPLP薬用育毛エッセンスのノズル

ノズルはリアップと違いスプレー式のノズルとなっています。

ふわっとミストが出るタイプではなく、ジェット噴射タイプのノズルのため、掻き分けなくてもそれなりの勢いで頭皮によく届きます。

LPLP薬用育毛エッセンスのパンフレット

同梱物のパンフレット。育毛剤以外にもフコイダンを直接摂取できるサプリメントも販売されているそうです。

LPLP薬用育毛エッセンスの液体を実際に塗布してみると、液体自体は無色透明ですが、手に向けてジェット噴射ノズルを押すと気泡が含まれるほど勢いよく発射されることがわかります。

これにより液体が拡散せず直線的に頭皮に届き、わざわざ掻き分けなくても狙った頭皮のポイントに届くことが出来ます。

LPLP薬用育毛エッセンスはリアップの1/2以下の価格で毎月使用できる

育毛剤は使用して効果があっても使用をやめるとリバウンドし再び薄毛になってしまいます。

そのため、継続使用が前提であることから、価格は1円でも安いに越したことはないといえます。

リアップは1ヶ月あたり定価7,611円するのですが、LPLP薬用育毛エッセンスは定期購入で1本6,053円になります。

ただし、LPLP薬用育毛エッセンスは、1本で約2ヶ月間継続使用できるため、1ヶ月あたり3,026円の計算なります。

もちろん、塗布量によって多少使用期間は前後しますが、リアップの1/2以下で毎月使用ができる非常にコストパフォーマンスが高い育毛剤といえます。

例えば年間支出で計算した場合、リアップが91,332円に対してLPLP薬用育毛エッセンスは36,312円で、差額は55,020円となります。

さらに定期購入の場合は初回購入分は980円になるという大幅な割引サービスがあるのも特徴ですね。

このコスパは私がオススメする通販育毛剤の中でも最も高いコスパの育毛剤といえるため、「お金がそんなに出せないなかでも、特に効果が高い育毛剤が欲しい」というわがままなユーザーの願いを叶えてくれる育毛剤といえますん。

LPLP薬用育毛エッセンス リアップ
価格 980円(定期購入初回)
6,053円(2回目以降)
7,611円
容量 150ml 60ml
最大使用期間 約2ヶ月 約1ヶ月
1日あたりのコスト 100円 253円

また、10日間の全額返金保証もLPLP薬用育毛エッセンスにはついています。

商品到着後、「どうも匂いや使用感が合わない…」という方には、商品代が全額返金されるため、はじめて購入する方もリスクなく使用感を試すことができるということですね。

(まとめ)LPLP薬用エッセンスはリアップと同じ育毛ロジックでありながら1/2のコストで使用できる総合力の高い育毛剤

「育毛剤は高いから…」「毎月のコストがかかる」そのように考えている方にはまさに福音といえる育毛剤ではないでしょうか?

もちろん「安物買いの銭失い」となってはいけませんが、LPLP薬用育毛エッセンスにはそれを覆すだけの理論に裏打ちされた特徴的な独自成分と、業界最高ともいえる有効成分が配合され、品質の面でもトップクラスと言っても過言ではありません。

コストを気にされている方にはぜひ一度続けてもらいたい育毛剤です。

リーズナブルな価格でありながら、「10日間全額返金保証制度」も整っていて、初めてでも試しやすい育毛剤ですね。またアレルギーテスト、パッチテストもクリアしていて肌への優しさにこだわっていることも特筆すべきポイントです。

強いて悪いところをいえば、液体のアルコールの香り。これは好き嫌いが分かれるかもしれません。

また、この育毛剤のさらなる特徴として「リアップとの併用」も推奨されているということです。

これについてはメーカーサイドで動物実験を行っており、リアップの成分であるミノキシジルとガゴメ昆布フコイダンを併用した場合ミノキシジル単体に比べて1.3倍の発毛効果を記録したそうです。

その際の副作用も確認できなかったとのことで、リアップの効果をさらに高めたい方にもオススメと言えそうです。(ただしリアップ公式では、他の育毛剤との併用はすすめていないのでご承知おきを)

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
よろしければ、twitterもぜひフォローしてみてください。発毛剤に関するオトクな情報や、発毛体験談をリアルタイムにお届けしています!

泰人(やすと)の本気の発毛日記(毎月更新中!)
当サイト管理人J@毛髪診断士のリアップでの生え際改善成果

こちらの記事もおすすめ

リアップのジェネリック発毛剤全アイテムまとめ!

新型チャップアップは発毛剤の効果に匹敵するのかスペックや口コミを徹底評価!

チャップアップは、ネット通販専門の育毛剤の中で特に知名度と売上本数が多いアイテムです。

ウルトラマンをイメージキャラクターにしたCMで、薄毛に悩んでいるユーザーからすると一度は名前を聞いたことがあると思いますし、リアップなどの発毛剤と比較検討されている方も多いと思います。

そんなチャップアップですが、2020年6月に成分の配合を変更して3代目チャップアップとしてリニューアルされたという情報が入りました。

発毛剤徹底研究会では、この新型チャップアップを早速入手し、スペックや効果、コストパフォーマンスについて、実際に使ってみて徹底評価してみました。

果たしてチャップアップは発毛剤に匹敵する効果が期待できるのか…?

チャップアップがどんな育毛剤なのか気になっている方はぜひ参考にしてくださいね!

価格 7,400円(税込)/1本(定期購入)
容量 120ml(1日あたり246円
医薬品区分 医薬部外品
全額返金保証 無期限(初回購入分のみ)
オススメ度 ★★★

チャップアップはどんな育毛剤?

チャップアップは、2012年頃にはじめて発売された育毛剤で、実はそれほど歴史があるアイテムではありません。

にも関わらず、今では育毛界で人気の高い育毛剤として常に名前が上がっています。

実際に2018年4月12日掲載の通販新聞では、先に発売されているポリピュアBUBKAM−1育毛ミストを抑えてネット中心で展開する男性用育毛剤1位の売上高を誇っています。

チャップアップ

なぜこんなに人気があるのかといえば、ユーザーにとってこれだけのわかりやすい特徴があるからだと、発毛剤徹底研究会では推測しています。

  • 70種類以上の豊富な天然成分数
  • サプリメントやシャンプーとのセット販売でトータルの薄毛対策ができる
  • 業界初の無期限全額返金保証制度

さらに育毛剤でも発毛剤でも、効果を出し続けるためにはリピート購入が必要なので、売上高が多いということは、新しいユーザーに加えてリピートユーザーも相当数に上ることが想定できます。

そんなチャップアップですが、新しくリニューアルするにあたって一体なにが変わったのかご紹介したいと思います。

チャップアップリニューアルのポイント

チャップアップ

新しくリニューアルしたといっても、ボトルやロゴなど外見は以前のモデルとまったく変わっていないので、見た目からリニューアルされたとは気づきにくいと思います。

また、成分配合数も天然成分55種類+アミノ酸15種類の合計70種類と、数だけでいえば2代目と変わるものではありません。

ただし、その成分の構成についてはあるコンセプトのもとに大きく進化を遂げています。

いったいなにが新しくなったのか、簡単にまとめてご紹介します。

独自成分ジンゲルシックスで血行促進

チャップアップ

一番の変更点が新しくチャップアップ独自に配合された「ジンゲルシックス」という成分。

希少な高知四万十産の赤生姜から抽出されたエキスです。

辛味成分であるジンゲロールが、普通の生姜の2倍以上含まれ、ショウガの持つ血行促進作用をさらに引き立たせた成分で、現時点ではチャップアップにしか配合されていません。

有効成分が3種類→5種類に追加

医薬部外品の有効成分として、新たに次の2種類が配合されました。

  • トコフェロール酢酸エステル…血行促進作用
  • D-パントテニルアルコール…プロビタミンB5と呼ばれるビタミンの1種。保湿&抗炎症作用。

ちなみに今までの3種類はこちら。

  • センブリエキス…血行促進作用
  • グリチルレチン酸ジカリウム…頭皮の炎症防止
  • 塩酸ジフェンヒドラミン…ふけやかゆみを防ぐ

有効成分数は、育毛剤のスペックを測る上で重要な要素であり、他の育毛剤だとだいたい3~4種類配合されています。

チャップアップはそれを超える5種類となったため、他の育毛剤よりも1歩先を行くスペックになったといえるでしょう。

M-034が2倍の濃度に

M-034とは、ミツイシコンブから抽出された海藻エキス成分。

髪の毛の外側にある外毛根鞘細胞を増殖させ、髪の成長期を長く維持する効果を与えます。

この成分は以前から配合されていましたが、濃度を2倍に高めることによって、さらに効果を引き出すアプローチがされています。

ここまで、新成分についてまとめてみました。

単純に言い換えると、チャップアップリニューアルのポイントは頭皮の血行促進と頭皮環境のトラブル改善に直接関わる成分を大幅に強化したといえそうです。

チャップアップの血行促進のアプローチはリアップに通ずるものがある

中でも、血行促進に対する成分が大幅に強化されたのは、リアップなどの発毛剤と同じアプローチをより明確にした意図がうかがえます。

リアップなどの「発毛剤」と呼ばれるアイテムには必ず「ミノキシジル」と呼ばれる国に認可された発毛成分が含まれています。

そもそも、薄毛になってしまう直接的な原因は、毛根に届く血液が少なくなることで髪の成長が止まり、抜け毛の量が増えることによって起こります。

ミノキシジルはその点に着目し、

  • 1.頭皮の下を流れる毛細血管の幅を拡張させる
  • 2.血管を拡張させることで流れる血流の量を増やす
  • 3.血流の量が増えることで細胞の増殖やタンパク質の合成を促進させる
  • 4.新しい髪の発毛や、細く軟毛化した毛髪が太い毛に成長

このように頭皮に流れる血流を強制的に増やす=血行促進によって髪を発毛・成長させるメカニズムがあります。

新しくなったチャップアップもこの血行促進がもたらす発毛メカニズムに追従しています。

もともとセンブリエキスなどの血行促進成分が配合されていましたが、新しくジンゲルシックスやトコフェロール酢酸エステルなどを配合することによって、頭皮の血行促進作用をさらにアップさせ、育毛効果を高めていることがわかりますね。

チャップアップは天然成分が豊富で副作用リスクは非常に少ない

チャップアップ

発毛成分のミノキシジルは強い発毛効果がある反面、頭皮のかゆみやほてりなどの副作用リスクが一定程度あります。

使い心地においても、頭皮のべたつきや髪のごわつきなど、髪質によっては使い心地に難がある場合があります。

チャップアップはミノキシジルほど効果が強い成分は入っていませんが、発毛剤が属する第一類医薬品よりも副作用リスクが大幅に低減されている「医薬部外品」に区分されています。

さらにその成分のほとんどは自然由来の成分とアミノ酸で占められていて、皮膚刺激などのテストも実施しており、副作用になる可能性はゼロとはいわないものの、かなり低いといってよいでしょう。

では、その使い心地は実際に良いものなのか、新しいチャップアップを購入して調べてみました。

【体験談】チャップアップはリアップよりもマイルドな使用感で毎日の使用に違和感はない

クセのない液体だが、メントールとアルコールの香りはやや多め

チャップアップ

薬液はとてもサラサラとした水のようでドロドロした感じは一切ありません。

塗布したあとヘッドマッサージをしても手がドロドロになることはなく、塗布後手を洗わなくてもいいレベルです。

リアップの場合塗った後の手にはベタつきが残り、液体が髪の毛にごわつきが残りやすいので、それとは真逆の使い心地だと思います。

塗った後の3分間くらいはメントールのスッとした感じが残りますがそれほど強いものではありません。

他の育毛剤に比べると、ややアルコールっぽいにおいが漂いますが、それでも発毛剤と比べると強いものではありません。

塗布後においがぷんぷんするということはありませんので、塗布してすぐに外出しても目立つほどではありません。

ただ1点注意点があるとするならば1回の使用量についてです。

チャップアップはリアップと違い、写真のようなジェットノズルの噴射式になっています。

チャップアップ

リアップの場合1日2回2mlで、1回の使用量である1mlがこのドーム内に溜められて使いますが、チャップアップは1日1回4ml(30プッシュ)ですのでリアップのおよそ4倍もの量を塗布することになります。

最初に勢い良く30プッシュすると15プッシュめくらいで「まだ半分あるの?」と不安になるくらい頭がかなりしっとりします。

たくさん塗ると液だれするので、朝晩2回に塗り分けて使うか、額にタオルを巻いて液垂れを防ぐ対策は必要だと思いました。

チャップアップ使用者の口コミは?

まだリニューアルされたばかりのため、新しいチャップアップを使用した口コミは現時点では見つけることができませんでした。

2代目のチャップアップに対する口コミについては多数投稿されていましたのでご紹介します。

一年(12か月)という節目でもあるので、ここで途中経過をお伝えしたいと思います。ここまで毎月結構な額と時間を頭皮に投資してきたかいあって、正直自分で考えていた以上に頭皮環境を改善することができました。(笑)気になっていた頭頂部もすっかり黒々として、積極的にお辞儀もすることが可能になりました。(笑)

参照:http://www.wcflcr2013.com/

抜け毛は男性ホルモンが原因だけではないので、チャップアップで栄養を与えることは何らかの効果を発揮しているものと思っています。どちらにせよ、かゆみがあると頭皮環境は最悪な状態でしょうから、良い方向に転がっています。とにかく、副作用の心配もなく、ニオイや色がないのでいつでも付けれるというのが、ストレスなく育毛できて嬉しい限り。

参照:チャップアップ歴2年の評価

思ったより髪が薄くなっている!これを機に育毛に目覚め、昨年12月末からCHAP UPを使用しています。一ケ月使用して、手応えを感じています。

参照:@cosme

産毛ではなくてけっこう固いのが20,30本と。年齢は30台後半ですが、年齢は関係ないかも。前髪のとことかもう生えないのかと思ってたけど、継続したかいがありました。

参照:楽天市場

本当に少しふえた これ以上抜けないためだったのに いや確かにわずかだが増えていた。ひょっとしたらなんて夢を見れそうです。

参照:楽天市場

楽天市場の5段階レビュー評価では、852件ある中で、平均評価3.70と全体的にまずまずの評価がされています。

Googleでチャップアップ効果と検索すると、画像付きで効果について公開しているサイトもちらほらと出てくるので、それなりの効果があることがわかります。

ただ、一方でこのように悪い口コミも見られます。

だいたい7ヶ月は使用しましたね。3本目の途中からチャップアップのボトルが変わって新しくなり、成分数も増えたので、より薄毛とオサラバできる!と期待して使い続けたのですが…。結論的に、チャップアップで育毛効果を感じませんでした。。

参照:http://xn--u9j9eudib2jc5g8925aul1a.com/

1年くらい使用したが効果なし。これで満足できた人ほんとにいるのか不思議です

参照:楽天市場

1年以上使っていますが全く効果ありません。もっと早くやめとけばよかったと後悔しています。お金の無駄遣いでした。ということで、卒業します!!

参照:楽天市場

他の育毛剤でも悪い口コミを目にすることはよくrあるのですが、チャップアップは長い期間使用している人で効果がなかったという口コミがちらほらと目立ちました。

また「ステマが多い!」という口コミも数は少ないですが見かけることがありました。

通販育毛剤の中でチャップアップはトップの売上高という事実があるので、絶対数として使っているユーザーの数が多いといえます。

育毛剤でも発毛剤でも、個人の薄毛の状況や体質により100%効果が出るものではないので、やはり個人差によって向く、向かないということは一定数あるようです。

母数が多いため、効果がなかった場合に、アンチとなり、口コミで悪い評価を書き込まれる数も自然に多くなるのかなと思いました。

新しくなったチャップアップは、成分面でかなりグレードアップしていることは間違いないのでこれが実際の効果にどう影響するのか、今後調査を続けていく予定です。

チャップアップのコスパを比較。発毛剤リアップとほぼ同じ価格帯

チャップアップ

チャップアップは、育毛剤本体とともにサプリやシャンプーのセットなど数多くのプランを用意しています。

  • ウルトラ定期便 育毛剤+サプリ ¥9,090(定期購入)
  • プラチナ定期便 育毛剤+シャンプー ¥8,880(定期購入)
  • ローション1本定期便 育毛剤のみ ¥7,400(定期購入)

もっとも安い育毛剤のみのローション1本定期便の価格と、リアップを比較してみます。

チャップアップ リアップX5プラスローション
価格 7,400円(定期購入) 7,611円
容量 120ml 60ml
最大使用期間 1ヶ月 1ヶ月
1日あたりのコスト 246円 253円

リアップは1ヶ月あたり定価7,611円に対してチャプアップは定期購入で1本7,400円と、月あたりの費用はほとんど同じです。

特別安いという訳ではないですが、継続使用が難しいという価格でもなく、数ある育毛剤の中でも平均的な価格帯といえるかと思います。

また、チャップアップの特徴として、ファミリーアイテムであるサプリメントやシャンプーのセット販売が揃っていることです。

ただ、発毛剤徹底研究会としては、誰にでもサプリやシャンプーを併用するほうがより効果が高くなるとは言い切ることはできません。

いま現実に、薄毛と同時に次のようなトラブルを抱えている方に、その対処策としてであれば育毛剤と併用することはおすすめできます。

  • 頭皮が脂性でじめじめしている、フケやかゆみが多い→プラチナ定期便を使用
  • 日頃の食生活が不安定→ウルトラ定期便を使用
  • 食事の栄養バランスが偏っていることを自覚している→ウルトラ定期便を使用

これらに該当しない方は、無理にセットを買わなくてもまずはローション1本定期便
からはじめてみるのがよいと思います。

チャップアップは他育毛剤はどこも実施していない永久全額返金保証制度がある

チャップアップはネット通販の特性を生かして毎月1回ずつ届く定期購入が基本です。

育毛剤は使い続けていかないと効果が出しづらいため、ある意味しっかり使うという点ではありがたいのですが、反対に、毎月自動的に送られることがデメリットと感じる人がいらっしゃると思います。

チャップアップの場合、定期購入とはなっていますが、必ず毎月続ける必要はなく、極端な話、購入したその月で即解約してもかまいません。

次回の商品が届く10日前までにフリーダイヤルに1本電話連絡することで解約することは可能です。

さらに、チャップアップの大きな特徴として「無期限全額返金保証制度」というものがあります。

これはチャップアップに満足できなかった場合、解約と同時に返金申請をすることで最初に購入した1本分の代金が返金されるシステム。

しかも期限はないので、例えば3ヶ月使って解約するときに返金申請を行えば最初の1本分の代金が返金されます。

他の育毛剤にも同様の返金保証制度がありますが、そのほとんどは初回購入後30日や45日以内と期限を区切った制度ばかりです。

その点チャップアップは期限のない保証制度であるので、最悪使い続けて効果がなかったとしても1本分の費用はカバーされる計算になります。

基本解約と同様に電話連絡によって返金申請を行いますがその後3日以内に指定の場所まで以下の3点を返送する必要があります。

  • 初回購入時に同梱される返金保証書
  • 返金対象となる使用済みのボトル
  • 同じく同梱されるお買い上げ明細書

効果がある、なしに関わらず最初に到着する返金保証書や明細書は必ず採っておくことが大切です。(送り返す時の送料は返金時に上乗せされて返金されるそうです)

(まとめ)新しくなったチャップアップは高スペックと人気のバランスがとれた育毛剤

3代目となったチャップアップは、成分数の豊富さとともにミノキシジルの発毛作用に追従するかのごとく、人ゲルシックなど血行促進成分を充実させたスペックに進化したと発毛剤徹底研究会では考えています。

使用感もマイルドで副作用リスクもなく、永久返金保証というユーザーにとってはリスクなく試すことができる制度も備えており、初めて薄毛対策に取り組む方にとってはまさにソツがない育毛剤といえますね。

売上高1位を続けているということは、それだけのリピートユーザーがいるということにもつながり、販売実績の面からも効果がない育毛剤であるということはできません。(効果がなければリピートユーザーは自然と離れていくため)

もちろん、効果がしっかりと実証されているミノキシジル配合の発毛剤を使うことが効果の高さにおいてはベストな選択だと思います。

ただし、副作用や、使い心地の面で一定のリスクがあることもまた事実で、人によっては使い続けることができずに結果的に発毛効果が出せないといったことがあります。

チャップアップはそのようなリスクを回避しながら育毛ができるベターな選択をする上では最適な育毛剤ではないかと思います。

薄毛がかなり進行して地肌が見えるといった状態だったり、抜け毛が極端に多いなど進行が進んでいる場合は発毛剤を最初から使ったほうがよいと思いますが、それ以外の場合、たとえば

  • 最近抜け毛が増えはじめて困っている
  • 残っている髪をしっかり育てて薄毛を解消していきたい
  • ふけや脂性などの頭皮トラブルがあり、肌にやさしく育毛したい

といった比較的初期の段階の場合は、わざわざリスクのある発毛剤よりも、一定の育毛効果があって、かつ使い心地のよいチャップアップからはじめてみるのも良いのではないかと考えています。

発毛剤徹底研究会では今後の口コミ調査なども通じて、新しくなったチャップアップの効果がどれくらいあるのかを引き続き調査していきたいと考えています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
よろしければ、twitterもぜひフォローしてみてください。発毛剤に関するオトクな情報や、発毛体験談をリアルタイムにお届けしています!

泰人(やすと)の本気の発毛日記(毎月更新中!)
当サイト管理人J@毛髪診断士のリアップでの生え際改善成果

こちらの記事もおすすめ

リアップのジェネリック発毛剤全アイテムまとめ!
twitter
発毛剤体験談募集中