リアップ徹底分析

リアップのお店での購入方法と上手な買い方

リアップX5プラスの店頭にある空箱

友人から「オススメの育毛剤ってなに?」と聞かれると「効果だけを求めるならリアップX5プラス」と教えてあげるのですが、3人に1人くらいの割合で 「売り場に空箱しかなくてリアップX5プラスの買い方がよくわからなかった」と報告を受けます。(報告を受けたところでどうしようもないのですが…)

確かにリアップX5プラスは、店頭では上の画像のように空箱だけが置いてあり、他の商品同様レジにそのまま持っていっても購入することができません。

なぜかといえば、購入時には必ず薬剤師さんのチェックを受けることが必要と規定されている第1類医薬品に指定されているからです。

そのため、購入前には、必ず常駐している薬剤師さんに薄毛状況を伝え、リアップX5プラスの使用方法等を確認した上で初めて購入できるんですね。

育毛剤自体、人前で購入するのが恥ずかしいのに、軽く面談をしないといけないという…。
悪いことをしている訳ではないのに後ろめたくなる気分は、初めてコンビニでコンドームを買う時の感覚に似ている気がします。。

では、実際に薬局の店頭ではどこに並んでいることが多くて、実際にどういうフローで購入ができるのか?さらにちょっと面倒な薬剤師さんのチェックをできるだけ短くする方法についてもまとめてみましたのでご覧ください。

リアップX5プラスが陳列されている棚は大きくわけて2種類ある

リアップX5プラスは薬局の大小関わらずほとんどの薬局やドラッグストアで販売しています。私調べで恐縮ですが、家の周りに大小様々な薬局を8件まわりましたが、7件は置いていました。(うち1件はおばあさんが一人でやっている本当に小さな薬局でしたが、そこでは残念ながら置いていませんでした。。)

どのように置いてあるかというと、店によって多少違いはあると思いますが、大きく2つの陳列方法があります。

第1類医薬品がまとめられた陳列棚にあるパターン

駐車場を完備している様な郊外にある大型の薬局の場合、恐らくほとんどの店に薬剤師さんが常駐している調剤室というのが備わっていると思います。 この調剤室がある場合は、だいたい「第1類医薬品だけをまとめた棚」を作っていて、そこにリアップX5プラスも並んでいることが多いです。画像で見ると…

第一類医薬品の陳列棚

ガラス張りの調剤室の前に第1類医薬品が陣取っています。第1類医薬品でもリアップX5プラスは花形商品なのか、目立つところに陣取っていることが多いです。

私の行った薬局ではリアップのCMが小型のDVDプレイヤーで流れていたので、CM出演している水谷豊さんの声が響き渡っており更に目立っていましたw

他の第一類医薬品であるバファリンやガスター10、コンタックやロキソニンと同じ括りで陳列されていることが多いので、リアップX5プラスが見つからない場合はこれらの商品を目印に探してみてもいいかもしれません。

ちなみに、リアップの現在価格を調べてみたページでも、記載していますが、リアップX5プラスは大型量販店コストコでも販売されています。 コストコでも医薬品ばかりが集まった医薬品カウンターがあり、そこにリアップX5プラスは販売されています。コストコでリアップX5プラスを購入する際、通常購入レジとは違い、医薬品専用のレジで購入する必要があるので、お気をつけください。

男性用化粧品棚にあるパターン

男性用化粧品棚に陳列されているリアップ

これは、モールなどに入っているやや小さな薬局の場合に多いですが、整髪料や洗顔料など、男性用化粧品の棚にリアップがおかれているパターンです。 第1類医薬品なので他の商品とは混ざらないよう、画像のように正面棚の面に並んでいることが多いので、探しやすいと思います。

店頭でリアップを購入する際の注意点

店頭で見つけることができればあとは購入するだけなのですが…。

しかし先ほど紹介した通り、リアップX5プラスは第1類医薬品のため普通の商品とは販売方法が違い、注意しなければならない点が2点あります。

棚には空箱しか置いていないので空箱を持って薬剤師の所へ

ゴールドにブルー文字が目立つリアップX5プラスのパッケージ。陳列棚にはずらりと並んでいますが、並んでいるパッケージは全て空箱です。

ここからどうして購入すればいいのか?購入までのフローはこの様な感じです。

  • 1.リアップX5プラスの空箱を持って薬剤師さんの所へいく
  • 2.購入の意思を伝え、薬剤師さんと面談
  • 3.空箱でない商品を持ってきてもらう
  • 4.レジで会計

購入するだけで4つのフローが必要になります。 空箱だけ持っていきなりレジへ行っても薬剤師の所へ戻されるので注意してくださいね。

リアップX5プラスに置かれた薬剤師不在中の案内

さらにその時に薬剤師が不在であれば、購入することはできません。例えば夜の時間帯は比較的不在のことも多く、さらに食事休憩の時なども当然不在の状態になります。店頭によっては、このような不在の案内がされていることもあるので、その場合は残念ながら時間を改めて購入する必要があります。

ちなみに先述のコストコでは空箱ではなく、画像の様にパッケージがカード化したものをレジに持っていくスタイルになります。

リアップX5プラスセルフチェックシートをレジで出すだけでは購入できない

ここ最近のことですが、よりチェックを簡易にできるように配慮されてのことか、セルフチェックシートというのが店頭で配布されるようになりました。

セルフチェックシート

こちらのシートにある11の質問に答えると、自分が購入すべき商品が判断できるのと、薬剤師さんとの面談がスムーズになるので、少し早く商品を購入する事ができます。質問の答え方は、筆記ではなく、該当項目に穴を開けるだけなので、その場ですぐチェックすることができます。

ちなみに、セルフチェックシートはこんな感じ。

セルフチェックシートは、店頭と大正製薬のサイトでゲットする事ができます。 店頭では、リアップX5プラスにセルフチェックシートが下の画像のように束で刺さっています。

リアップX5プラスとセルフチェックシート

ここの店ではちょっと残念な感じで刺さっていましたが、本来は縦型で目立っているので見つけやすいと思います。 ネットでは大正製薬のリアップX5プラスのホームページからPDFがダウンロードできるようにもなっています。 

最初はセルフチェックシートだけレジに持っていけばリアップを購入できると思いましたが、それは無理、レジの担当者に、「そのシートもって薬剤師さんの所へいってくださいね〜」と言われ戻されてしまいました。  シートがあっても薬剤師への相談は飛ばす事ができないという事は理解しておきましょう。

購入の手間をできるだけを短くするには?

リアップX5プラスは店頭で購入すると薬剤師さんの確認が必要なため、普通に薬局で販売している商品よりも一手間かかることがわかると思います。また、運悪く薬剤師さんが不在の場合はお店まで行っても購入できないというリスクも発生します。

これがルールとはいえ、「やっぱり店頭で相談なんてやりたくない!」と考える人もいるかと思います。 そこで、この購入の手間を少しだけ簡素化できる方法を2つご紹介します。

少しハッタリで押し通す購入方法

先にご説明しますが、この方法はすこしずるい購入方法になります。なにかあっても自己責任とすることを了承したうえで、御確認ください。 この方法で用意するものは2つ。先でご紹介した「セルフチェックシート」と「強靭な心」です。w

リアップX5プラスは薬剤師さんとの面談後購入する事ができます。面談の際に薬剤師さんは何を元に話をするかというと、店舗用に拡大したセルフチェックシートを元に話をします。

で、その薬剤師さんが持っているセルフチェックシートには、2回目以上購入者用確認項目という、11の質問から簡素化された質問が用意されています。(残念ながら写真を撮る事はできませんでした…)

ですので、時間を少しでも短くしたい際は、薬剤師さんのところにいって、「2回目購入なんですけど…」といいながらセルフチェックシートを渡すと「副作用症状はなかったですか?」という簡単な質問だけで購入する事ができます。

2回目購入感を出す事ができる「強い心臓」を持っている方は自己責任でトライしてみてください

ネットで購入する

もう一つは単純なのですが、ネットでリアップX5プラスを購入する方法になります。2013年に法改正されてからはネットで第一類医薬品を購入できる様になったので、もれなくリアップX5プラスもネットで購入できます。その流れはというと…

  • 注文すると店舗からメールが届き、年齢や副作用の有無など健康状態の確認が行われる
  • そのメールに返信する。(該当なしだったらその旨を記入する)
  • 返信して店舗が確認したらはじめて注文が確定する。返信しないとキャンセルになる。

というメールベースでのやりとりになるので、非常に楽に購入することができます。さらに、薬局ではたいてい定価で購入しないといけませんが、特に楽天市場に出店している薬局では定価より安く購入することも可能なので、リアップ購入を決めている方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?