リアップ徹底分析

発毛メカニズムを自己流に解釈する

毛髪には寿命があることを理解しましょう

RiupX5

まずリアップの発毛メカニズムを語る前にそもそも、毛髪には寿命が存在することを念頭に置いてください。「薄毛」というテーマが、ただでさえ周りに相談を持ちかけにくいデリケートな問題だからこそ、合理的で、正しい取り組み方を理解する必要があるためです。

寿命=ヘアサイクル

毛髪には一定の発毛サイクルが存在します。具体的には、成長期・退行期・休止期と呼ばれます。
言うまでもなく、抜けない毛髪は存在せず、また新しい髪も増えてきます。この流れを繰り返すことで、毛髪の量を維持しているわけです。

薄毛の原因の一つには、このヘアサイクルの乱れがあります。正常なヘアサイクルにおいて充分に確保されていた「成長期」が徐々に短くなり、必然的に、退行期と休止期が長くなってしまいます。
ですので症状が進んだ人の髪の毛を良く見てみると、細く、短いものとなっており、以前と比べて弱い印象があると思います。

男性型脱毛症は年齢によって大別され、20代は若年性脱毛症、それ以上の年齢が高く60代くらいまでを壮年性脱毛症と呼ばれています。

リアップはこの「壮年性脱毛症」においてとくに効果を発揮するものです。
先ほどのヘアサイクルにおいて休止期から初期成長期において発毛を促進させる効果を持っています。
逆に言うとそれ以外の原因には効かないわけですが、 ではその効果はいったいどのようなものでしょうか?

リアップがヘアサイクルに与える効果とは?

ヘアサイクルが乱れた毛髪、とくに「壮年性脱毛症」が進行している毛髪に対して、リアップはどのように作用するのでしょう。
それは、リアップの主成分でもある「ミノキシジル」が発毛作用に強く関連しているのです。

ミノキシジルの成分自体の解説は主成分ミノキシジルはどの作用をもたらすのか?を見ていただくとして、結局髪の毛がどう変化するかといえば、細く、短く、軟毛化した毛髪を元気な太い毛に成長させてくれます。発毛剤と呼ばれるリアップですが、ゼロから髪の毛を生やすのではなく、弱って成長がはかどらない髪の毛を復活させるような感じであると考えても良いと思います。

このとき重要なのは、毛乳頭という、毛髪の成長を司る部位にミノキシジルが強く働きかけてくれる、ということです。壮年性脱毛症の原因そのものにダイレクトに作用することによって、太い毛を増加させてくれるのですね。

まとめ

  • 抜けない髪はない!
  • ヘアサイクルを意識する!
  • ミノキシジルが壮年性脱毛症に効果的!